国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

2013-01-08

[]「おせん泣かすな馬肥やせ」(翁草「おせん泣かすな馬肥やせ」(翁草) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「おせん泣かすな馬肥やせ」(翁草) - 国語史資料の連関 「おせん泣かすな馬肥やせ」(翁草) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

巻之百五十五 小牧長久手戦後家康公上洛の事

作左衛門は万づ無造作にて、或時御用にて遠所に滞留して、留守の妻女へ送文に、

 一筆申す、火の用心おせん病すな馬肥せ

と書送しとぞ。おせんとは女の名なりとかや。

小松茂美『手紙の歴史』p.113

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130108