国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-01-31

古きことは辺土にのこりたり。(夏山雑談・巻三) 古きことは辺土にのこりたり。(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 古きことは辺土にのこりたり。(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 古きことは辺土にのこりたり。(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

   ○西國邊にていふ女の名

西國邊には女の名袈裟千代《けさちよ》、袈裟龜《けさかめ》、龜菊《かめぎく》、乙鶴《をとつる》などといふあり。古きことは邊土にのこりたり。



トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120131