国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

2009-03-19

[]「東京語七分に方言三分の類が幾多ある」 「東京語七分に方言三分の類が幾多ある」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「東京語七分に方言三分の類が幾多ある」 - 国語史資料の連関 「東京語七分に方言三分の類が幾多ある」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

江戸子。近頃の小説を見ると、人物の話といふものが東京語七分に方言三分の類が幾多あるが、あれは如何か注意をしてもらひたいもので、此篇お樂の語にも所々方言が出る、爲にどれほど興味を損じるか知れぬ。是等は學んで難からざる事のみならず、此作者の如きは全く書流しの不注意らしい。對話は人物を活動せしむる唯一の機械なれば這般の小技大體を傷くるに足らずなどゝ安く見ないがよからう。

鴎外全集24 pp.29-30「雲中語」

さび刀(水谷不倒

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090319