国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-01-29

なでふ女が真字書は讀む(『紫式部日記』) なでふ女が[[真字書]]は讀む(『紫式部日記』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - なでふ女が[[真字書]]は讀む(『紫式部日記』) - 国語史資料の連関 なでふ女が[[真字書]]は讀む(『紫式部日記』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

ふる歌物語の、えもいはず蟲の巣になりにたる、むづかしくはひちれば、開けて見る人も侍らず。片つ方に、文どもわざと置き重ねし、人も侍らずなりにし後、手觸るる人もことになし。それらをつれづれせめてあまりぬる時、一つ二つひきいでて見侍るを、女房集まりて、「おまへはかくおはすれば、御さいはすくなきなり。なでふ女《をんな》が眞字書《まんなぶみ》は讀む。昔《むかし》は經《きやう》讀《よ》むをだに、人は制《せい》しき」と、しりうごちいふを聞き侍るにも、物忌みける人の行く末、いのち長かるめるよしども、見えぬためしなりと、いはまほしく侍れど、思ひ隈なきやうなり。

吉沢義則国風暗黒時代に於ける女子をめぐる国語上の諸問題

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090129