国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

2007-06-29

[]開合(『林永喜仮名遣書』) 開合(『[[林永喜仮名遣書]]』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 開合(『[[林永喜仮名遣書]]』) - 国語史資料の連関 開合(『[[林永喜仮名遣書]]』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

此わかち、むかしはさたなく候を、定家卿より此かたあらためらるゝよしうけたまはり候、しかれども、かきうつしのあやまりにや、定家のかなづかひにもたがひめおほく御座侯、此い、ゐ、へ、ゑ、を、お、などはすこしたがひても、御じやうらうしうなどはくるしからざる事にて御座侯、ただ口のひらくかな、すはるかな、あそばしちがひ候は、わろき事にて侯。くちのひらくじ、すはるじ、おほかたさだまりたる事にて候、くちのひらくじは、ただ十御座候、あかさたなはまやらわ、此十の字ばかりひらくとおほしめし候へば、のこりはみなすはりて能御座候、たとへば、あう、かう、さう、たう、なう、はう、まう、やう、らう、わう、此たぐひはいつれもひらき候。



國語學書目解題

橋本進吉「国語音声史?」(『国語音韻史』)

迫野虔徳東国方言オ段の開合

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070629