国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

2005-03-29

[][][]「古の詞」南留別志32 02:33 「古の詞」南留別志32 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「古の詞」南留別志32 - 国語史資料の連関 「古の詞」南留別志32 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

一 古の詞は、多く田舎に残れり。都会の地には、時代のはやり詞といふ物、ひた物に出来て、ふるきは、みなかはりゆくに、田舎人は、かたくなにて、むかしをあらためぬなり。此比は、田舎人も、都に来りて、時の詞を習ひつゝゆきて、田舎の詞もよきにかはりたりといふは、あしきにかはりたるなるべし。


鏡味明克「方言史をどうとらえるか」『日本語学』1983-11