国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

1939-10-19

[]【散文精神】 【散文精神】 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【散文精神】 - 国語史資料の連関 【散文精神】 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

広津和郎は、自分は散文精神と言ふ言葉を使った覚えはない。それは主として武田麟太郎が『人民文庫』の時代に使った言葉である、といふやうなことを書いてゐる。

小田切進編『大波小波 匿名批評による昭和文学史』第1巻 p.165

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/19391019