鈴木太良『国語法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

鈴木太良『国語法』

鈴木太良

昭和45年7月10日 初版

昭和47年5月31日 再板

邦文社(大阪)


現職 神戸山手女子短期大学教授


造語法のこと

語序の問題 形容倒置格に就いて

略語の発想

副詞表情 略語発想法・形容詞の発生・造語法に及ぶ


付録

 日本人は何処から来たか 第八回国際人類学・民族学会議報告

 歴史的仮名遣ひ便覽

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。