遠藤嘉基・松井利男『わたくしたちの/ことばと文法

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

遠藤嘉基・松井利男『わたくしたちの/ことばと文法

遠藤嘉基松井利男

『わたくしたちの/ことば文法 口語篇』

昭和二十七年十月一日 初版発行

昭和二十七年十二月一日 再版発行

著者 遠藤嘉基 松井利男

発行者 松井茂雄

発行所 文教書院 神戸市兵庫


本書を読まれる方《かた》のために 一九五二年九月一日 遠藤嘉基 1-4

この書物を学ばれる生徒諸君へ 一九五二・九・一 松井利男 5-7

目次 1-8

第一章 心がまえ

 ことばを見つめよう

 文法はなぜ学ぶか

 方言について調べよう

第二章 知識と理解

 文について考えよう

 主語になれることばについて調べよう

 述語になれることばについて調べよう

 修飾語にだけなることばについて調べよう

 独立語になることばについて調べよう

 付属語について調べよう

第三章 技術と技能 243-384

 ことばをゆたかにしょう

 複雜な文について調べよう

 文章について考えよう

 国語表記法について考えよう

 国語を生かそう その一

 国語を生かそう その二

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。