近藤泰弘ほか編『コーパスと日本語史研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

近藤泰弘ほか編『コーパスと日本語史研究』

近藤泰弘田中牧郎小木曽智信

コーパス日本語史研究』

http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-751-5.htm

近藤泰弘「『日本語歴史コーパス』と日本語史研究」

山元啓史通時コーパスによる言語の研究

山田昌裕平安期の〈名詞句係助詞〉の格 その実態から見た係助詞の性質と副助詞との関連性」

高山善行「受諾場面における形容詞使用の実態 中古語「よし」「やすし」の場合」

岡﨑友子中古和文における接続表現について」

小木曽智信中古和文における文体別の特徴語」

田中牧郎「『今昔物語集』に見る文体による語の対立 本朝仏法部と本朝世俗部の語彙比較」

横野光「人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」 国語試験古文問題解答に向けて」

Why Romanize a Corpus of (Old) Japanese? Bjarke Frellesvig

The Oxford Corpus of Old Japanese Stephen Wright Horn and Kerri L. Russell

間淵洋子鴻野知暁コーパス日本語史研究目録

冨士池優美「『日本語歴史コーパス 平安時代編』の形態論情報」

あとがき

索引

執筆者一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。