詩学逢原

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

詩学逢原

詩學逢原二卷  阮瑜?

此書は前卷に收めたる南海詩訣と同じく初心の爲めに著はされたるものにして.詩語と常語との相違を述ぶるが如きは、極めて卑近の處より説き出だせり、又詩は境と趣との二途ありて、千變萬化して種々の働きを爲すことを説明せり、是れ最も作詩者の知らざる可らざる所とす。

http://uwazura.seesaa.net/article/19767139.html

祇園南海


『日本古典文学大系94近世文学論集』

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。