葦手

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

葦手

葦手の話(日置昌一『話の大事典』)

 和歌文字の散らし書を葦手書といい、また文字に繪畫を巧みに融合したものを葦手繪と稱したもので、その状が恰も葦の打靡いたように似ているので斯くは言ったものであろう。その起原はいまだ詳かではないが、古くは宇津保物語に見えており、平安朝の初期ごろから行われ初めたものといわれている。

 下女の文梵字を拈《ひね》る様に書き (明和)

 上書を見て簪《かんざし》でこぢはなし (明和)

 當り芝居矢的屋のあしで書き (安永)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusi/0049.html

* はてなダイアリーキーワード:葦手

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。