笹月清美『本居宣長の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

笹月清美『本居宣長の研究』

岩波書店

笹月清美

1944.7

序論

 契沖と春満

 真淵宣長

本居宣長の学問

本居宣長の漢意批判

本居宣長言語認識

古事記伝』の体系と方法

本居宣長における文学の自立性

本居宣長における道と文学

本居宣長世界

本居宣長の二三の著作について

 『天祖都城弁?』と『天祖都城弁弁?

 帆足長秋の『古事記伝稿本の写

 『万葉集略説?』について


附録

 古事記研究小史


参照年譜

http://www.box.com/s/br1c9uqpl6djd6nr4jkq

http://www.box.com/s/54fd96ab5b8e7973cdd6

http://www.box.com/s/9o9dkx9nreyozbvr8gf3

https://www.box.com/s/5a7408259e213a2f609d

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。