熊取谷哲夫「発話行為理論から見た依頼表現」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

熊取谷哲夫「発話行為理論から見た依頼表現」

熊取谷哲夫

日本語学1995年10月号「依頼表現

──発話行為から談話行動へ」

0 はじめに

1 言語研究の流れから見た「発話行為」概念と「依頼」という発語内行為

2 依頼の適切性条件と類似発語内行為

3 間接「依頼」と発話行為理論

4 対人交流(interaction)から見た「依頼」

5 終わりに


熊取谷哲夫発話行為の対照研究のための統合的アプローチ」『日本語教育』79、26-40。(一九九三)

熊取谷哲夫「発話行為としての感謝」『日本語学』9月号、28-35。明治書院 (一九九四)

森田良行・松木正恵『日本語表現文型』アルク (一九八九)

(欧文略)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。