橘純一「竹取物語の再檢討」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

橘純一「竹取物語の再檢討」

橘純一

http://uwazura.seesaa.net/article/2419363.html

國語學的檢討

  一 本物語の句の長さについて

  二 本物語中の「なむ」「ぞ」「こそ」の三張辭について

  三 本物語和歌段落法について

第二 素材を觀點としての本質檢討

  一 本物語と羽衣説話

  二 本物語と長者傳説

結語

平安朝散文學の文章は、源氏に至るまでに大略三遷してゐると考へてよからう。即ち第一期は、口誦文藝的檬式を全く脱却するに至らなかつた素朴時代で、解説的敍述と寫實的描寫とがまだ十分に分科して居らぬ。竹取物語文章は大體此の段階に屬するものとしてよからう。第二期は、敍述と描寫とが分科し、敍述の部分は、解説的態度から一歩進んで、更に事件全體を包む情調を表現する傾向を持ち來り、描寫部は忠實な平面描寫となつて來る。伊勢物語は、歌物語としての性質上、描寫と稱すべきものは見られないが、敍述に情調意識が加はつて居る點、第一期から第二期への過渡的作品らしき俤がある。落窪・空穗は正に此の第二期に屬する作品であらう。第三期は源氏によつて代表せられる心理描冩、情調表現重點を置いた優婉精緻なる表現様式の高潮に逹した時代である.、私は以上の文章發達段階の想定の上に立つて、竹取に、現存物語中の最古の位置を與へんとするものである。

此の章で述べた所をまとめていふと、「なむ」「ぞ」「こそ」三強辭の使用といふ點に着眼して、竹取伊勢兩者を比較すると、たしかな事はいへないが、竹取の方が、三強辭の使用總數に於いて少い事、又「こそ」が詞の内にのみ用ゐられてゐるといふ點に於て、伊勢よりは文章として古色あるものとすべきであらう、といふに歸する。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。