橋本行洋「「カツゼツ(滑舌・活舌)」の語誌

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

橋本行洋「「カツゼツ(滑舌・活舌)」の語誌

橋本行洋

『国語と国文学』82(12)

pp.50-65

2005

参考文献

井上翠(一九五〇)『松濤自述』大阪外国語大学中国研究会

加茂正一(一九四四)『新語の考察三省堂

見坊豪紀(一九五八)「国語辞書新語」(『言語生活』七九)

都染直也(二〇〇〇)「「カツゼツ」小考L(『20世紀フィールド言語学の軌跡』変異理論研究会)

永嶋大典(一九七〇)『蘭和・英和辞書発達史』研究社

橋本行洋(二〇〇四)「『大漢和辞典の依拠資料  出典未詳語の場合』(第七八回国語語彙史研究会口頭発表資料)

橋本行洋(二〇〇五)「「気づかない〜」という術語について  新語研究の立場から  」(『日本語の研究』一一四)

早川勇(二〇〇一)『辞書編纂のダイナミズム』辞游社

森岡健二(一九六二)「明治初期の漢語」(『文学』三〇-二)

山根幸夫(一九九四)『近代中国の中の日本人』研文出版

六角恒廣(一九九九)『漢語師家伝』東方書店

金若静(一九八七)『同じ漢字でも』学生社

滑舌

活舌

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。