根来司『てにをは研究史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

根来司『てにをは研究史』

昭和五十五年八月二十日 初版発行

明治書院

根来司

はしがき

序編  現代のてにをは研究

 第一章 時枝誠記博士の卒業論文

  一 私の卒業論文

  二  卒業論文における手爾波観念

  三 講座本国語学史と単行本国語学史

 第二章 山田孝雄橋本進吉両博士の国語学史

  一 山田孝雄博士の国語学史国語学史

  二 橋本進吉博士の国語学史概説講義ノート

  三 山田橋本両博士の国語学史補遺

 第三章  国語学大系手爾波

  一 手爾乎波研究古典

  二 国語学大系全廿四巻予約刊行内容見本

  三 国語学大系手爾波


前編 手爾葉大概抄からてには網引綱まで

 第一章 手爾葉大概抄

  一 手爾葉大概抄手爾葉大概抄之抄

  二 手爾葉大概抄成立

  三 手爾葉大概抄時枝誠記博士

 第二章 手耳葉口伝

  一 姉小路式

  二 手耳葉口伝

  三 手耳葉口伝作者

 第三章 天仁遠波十三ケ条口伝

  一 姉小路式作者

  二 天仁遠波十三ケ条口伝

  三 姉小路式の相伝

 第四章 歌道秘蔵録

  一 稀覯刊本歌道秘蔵録

  二 刊本歌道秘蔵録の錯簡

  三 刊本てには秘伝抄

 第五章 春樹顕秘抄

  一 春樹顕秘抄作者

  二 春樹顕秘抄春樹顕秘増抄

  三 和歌八重垣

 第六章 一歩

  一 一歩

  二 疑と治定

  三 一歩橋本進吉博士

 第七章 氐邇乎波義慣鈔

  一 氐邇乎波義慣鈔

  二 氐邇乎波義慣鈔

  三 古今集和歌助辞分類

 第八章 てには網引綱

  一 てには網引綱

  二 てには網引綱

  三 蜘のすがき


後編 姉小路式を主に

 第一章 姉小路式研究の目的

 第二章 姉小路式諸本

  一 第一類諸本姉小路式の原形と思われる本

  二 第二類諸本姉小路式の完成した形を持つ本

  三 第三類諸本姉小路式をもとにした略本

  四 第四類諸本歌道秘蔵録と呼ばれる本

  五 第五類諸本姉小路式の増補訂正本

  六 第六類諸本姉小路式の増補雑体本

 第三章 姉小路式諸本系統的関係

 第四章 姉小路式作者名称及び相伝と春樹顕秘抄の相伝

  一 姉小路式作者

  二 姉小路式名称

  三 姉小路式の相伝

  四 春樹顕秘抄の相伝

 第五章 再び姉小路式諸本系統

  一 再び姉小路式諸本

  二 再び姉小路式諸本系統



あとがき

 一 私の卒業論文

 二 幻の手耳葉口伝

 三 てにをは秘伝書の影印

 索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。