松村明『洋学資料と近代日本語の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

松村明『洋学資料と近代日本語の研究』

松村明

洋学資料

近代日本語

東京堂出版

1970

はしがき

蘭語学書とその訳読法

 一 国語史上における西欧語の摂取と蘭語学

 二 『和蘭語法解』とその訳読法

 三 『訳和蘭文語』とその訳読法

 四 近世における蘭語学漢学の背景


平戸本『蘭東事始』について

 一 『蘭学事始』の諸本と平戸本『蘭東事始

 二 書名序文・頭注などによる諸本異同

 三 小石本に見られる書入れと平戸本

 四 平戸本と小石本の本文異同

 五 結び


前野良沢の『和蘭訳文略』について

 一 『蘭学階梯訓詁の章

 二 『和蘭訳文略』の構成

 三 『和蘭訳文略』の内容(一)

 四 『和蘭訳文略』の内容(二)

 五 『和蘭訳文略草稿』と家蔵本『和蘭訳文略

 六 『和蘭訳文略』の成立年代

 七 『和蘭訳文略』とその問題点


前野良沢の『蘭訳筌』『和蘭訳筌』について

 一 序説

 二 京大本『蘭訳筌』について

 三 『和蘭訳筌』とその諸本


丹波修治旧蔵『和蘭文典』の訳語書き入れについて

 一 はじめに

 二 家蔵本『和蘭文典』(丹波修治旧蔵)について

 三 家蔵本『和蘭文典』の書き入れと訳語

 四 家蔵本『和蘭文典』の訳文例二三


日本風俗備考』蘭日会話の部に見られる錯簡について

 一 序説

 二 国会図書館本と書陵部本の蘭日会話の部

 三 アムステルダム版と書陵部本との比較

 四 書陵部本蘭日会話の部に見られる錯簡


ファン=デル=ペイルの英語入門書とその系統会話書

 一 ファン=デル=ペイルの英語入門書          

 二 ガラタマ閲『英吉利会話篇

 三 ガラタマ口授『英蘭会話訳語

 四 島桂潭『挿訳英吉利会話編』


欧米人日本語会話書         

 一 リギンズ『英和日用句集』   

 ニ オルコック『日用日本語対話集』

 三 S・R・ブラウン日本語会話』『日本語適用/プレンダーガーストのマスタリイーシステム』

 四 ロニー日本文集』『日本語会話入門』

 五 長崎版『和英商賈/対話集』とホフマン『蘭英和商用対話


洋学会話書とその用語    、

 一 洋学会話書について

 二 欧米人による日本語会話書日本人による初期の洋学会話書

 三 幕宋・明治初期洋学会話書

 四 洋学会話書諸本とその用語異同


払郎察辞範』と『和仏蘭対訳語林

 一 序説

 二 『払郎察辞範』とその内容

 三 『和仏蘭対訳語林』とその内容

 四 『払郎察辞範』と『和仏蘭対訳語林』の関係

 五 マーリン『ヌーベル-メトード』の内容および両書との関係

 六 『ヌーべル-メトード』の本文と『和仏蘭対訳語林』の訳文

 七 結論


羅尼著『和法会話対訳』について

 一 『和法会話対訳』の書誌

 二 『和法会話対訳』の会話文    

 三 『日本文集』について      

 四 『和法会話対訳』に見られる日本語日本語に関する記述


ヘボンの『和英語林集成』について

 一 序説

 二 書誌および成立事情

 三 和英の部の内容

 四 英和の部の内容

 五 『和英語林集成』の草稿本について

 六 初版・再版・三版および縮約版の初版・再版の異同

 七 結び


幕末ロシア語学書についての覚書

 一 序説

 二 漂流記に見られるロシア語

 三 邦人編述のロシア語学書

 四 幕末におけるロシア語学書の刊行


欧米人による江戸語発音研究

 一 序説

 二 ホフマン

 三 レオン=ド=ロニー

 四 S・R・ブラウン

 五 ヘボン

 六 アストンサトウチャムブレン


欧米人の「は」「が」観

 一 序説

 二 ロドリゲスコリャードオヤングレンの「は」「が」の論

 三 クルチウスオルコック、S・R・ブラウンホフマンロニーヘボン等の所説

 四 アストンサトウチャムブレンの所説

 五 イムブリの「は」「が」の論


後記

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。