文学的回想集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

文学的回想集

現代日本文学全集 (筑摩書房)


柿の蔕?抄(坪内逍遥)

 二葉亭の事

唾玉集抄(伊原青々園後藤宙外編)

 自作の由来(幸田露伴談)

 小説家の経験(尾崎紅葉談)

 恋愛問答尾崎紅葉談)

 作の材と其の運用(廣津柳浪談)

 今後小説の文体廣津柳浪談)

 小説家の覚悟(長谷川二葉亭談)

 『かくれんぼ』(斎藤緑雨談)

 自作小流の材料(森鴎外談)

 作家苦心談(坪内逍遥自記)

 しりごみ(饗庭篁村自記)

 飜譯の苦心(森田思軒談)

おもひ出す人々抄(内田魯庵)

 二葉亭四迷の一生

明治文壇回顧録(後藤宙外)

文学界前後?抄(平田禿木)

  文学界前後

明治文壇の人々抄(馬場孤蝶)

 鴎外大人の思出

 斎藤緑雨

 若かりし日の島崎藤村

 樋口一葉女史に就いて

 『文学界』のこと

黙移抄(相馬黒光)

 『女学雑誌』『文学界』

 明治女学校

東京の三十年(田山花袋)

文壇五十年?(正宗白鳥)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。