平水韻

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

平水韻

へいすいいん・ひょうすいいん *二〇六韻の*韻書で、同用とされ*通韻を許された韻を一韻と数えると、『*広韻』では一一三(現存本による)あるいは一一七(推定したもの)となるが、『集韻』・『*礼部韻略』では一〇八となる。平水韻と言われるのは、それからさらに一韻か二韻を通じさせて一〇七あるいは一〇六としたものである。平水韻韻書広韻などのように同用で示すのではなく、実際に*韻目を合併させて、一〇七か一〇六の韻目を立てたものである。一〇七韻のものとしては『*古今韻会挙要』などがあるが、普通には一〇六韻(『*草書韻会』・『*佩文韻府』・『*経籍セン詁』など)をさし、詩韻とも呼ばれて作詩に広く使われた。平水韻は*切韻系韻書の分韻を合併させただけなので、音韻研究には新しい時代が対象の場合でも使用に耐えない。なお、平水韻の名は王文郁『平水新刊韻略』(一二二六)が一番古い。これは一〇六韻だが、一〇七韻である平水の人劉淵の『壬子新刊礼部韻略』(一二五二)に先行する。

参考文献〕趙誠『中国古代韻書』(一九九一年 〈中国中華書局) (岡島昭浩

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。