岡島昭浩「都賀庭鐘 読本の漢語」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

岡島昭浩「都賀庭鐘 読本の漢語」

岡島昭浩

都賀庭鐘 読本漢語

語文研究』57

http://hdl.handle.net/2324/12017


公明

刺客

更正

一斉

駭然

一塊 

怏々 まんぞくせぬ

果然 はたして

気運 

義女 むすめぶん

賢弟 わがおとゝ

資性 うまれつき

大言 

入舎 いりへ

脳髄 

抑鬱 おさへふさがれ

離異 りべつ

恩人

助力 かうりよく

応報 むくひ

街上 ちまた

竿頭 さほのさき

官服 

貴君 

茶房 ちやみせ

賞金 はうび

転生 うまれかわる

反目 なかあしき

便服 ふだんき

両親

款待 

模擬          

一碧 ともにあをし

横暴 

家系 

口腹 

相愛

開運 

雅俗

侠気 ひかぬき

奇談 

凶兆 わるききざし

醜聞 

茶話 

残忍 むこし

市街 

巡拝 

将士 

情人 おもふひと

掌文 てのひら

真情 まこと

帳簿 ちやう

直言 

嫖客 

婦道 

不良 よからぬ

遊戯 


異常 

一計 

一語 

姻属 

演義 

艶麗 

解語 

怪物 

花街 いろざと

還元

干城 まもり 

机上 

戯作 

基本 もとたて 

旧家 

近時 

軍師 

軍略 

系累 かゝりあひ 

激論

険所 

巧拙 

口碑 

婚家 

再思 

祭事 

山塞 

産物 

自明 

弱卒

謝辞 

謝礼 

宿駅 

宿題 

情意 

食膳 

新粧 

生活 

生辰 

盛粧

青楼 

世代 

絶壁 そりたついわ 

千辛万苦 

戦略 

僧衣 

俗称 

退隠 

大喝

大金 

大差 

題名 

他姓 

脱兎 

地名 

忠死 

伝奇 

洞穴 

排斥

半日 

美観 

必用 

福利 

仏徒 

富民 

変名 

方位 

咆吼 

万釣

密使 

名勝 

明断 

門生


安逸 

安定 

異種 

偉人 

鬱蒼 

応答 

怪獣 

開城 

怪力 

家族

雅致 

褐色 ちやいろ 

活動 

花弁 

雅名 

監識 

鑑賞 

鑑定 

監督 

貴家

機器 

奇遇 

軌道 

美勇 

急務 

矯羞 

愚弄 

閨秀 

芸林

結末 をはり 

公命 

古雅 

混用 

砂洲 

弑逆 

使役 

死屍 

自炊 

実用

事物 

熟思 

入来 

商家 

将家 

商議 

常体 

詳密 

女流 

進達

進呈 うけたまはる 

瑞兆 

水利 

水量 

世代 

属国 

粗暴 

対応 

大志

多数 

茶器 

長文 

著明 

同一 

当主 

同調 

内乱 

日勤 

発狂

発行 

発作 

万謝 

分家 

美称 

婢僕 

武人 

溝場 

妙技 

明窓

野乗 

友誼 

幼名 

俚語 

連累

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。