大江玄圃

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大江玄圃

ゲンポ 玄圃(大江)京師の儒者。名は資衡、字は樨圭。通稱久川靱負。寛政中歿す。年七十。著、友詩玉振集書家異譜古琴圖彙等。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/kensaku/hagayaiti/haga0288.html

 ◎久川資衡京都儒者にして大江姓なり。字を穉圭通稱を靱員、號を玄圃と云ふ。京師草廬の門に入りて儒を學び叉詩と書とを善くす。著書に友詩玉振集間合早學問、學翼學範?、唐詩紳?、書家異譜?、古琴圖彙?其の他等あり。光格天皇の寛政年中七十歳にて歿したりと。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k4/kokusyo_ke059.html
書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。