坂詰力治『国語史の中世論攷』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

坂詰力治『国語史の中世論攷』

坂詰力治

笠間書院

第一篇 中世前期の語彙語法

 第一章 『保元物語』『平治物語』の語彙論的考察

 第二章 法華百座聞書抄における助動詞

 第三章 中世語法より見た『発心集』――国語資料としての性格――

 第四章 和漢混淆文としての『沙石集』について――漢語サ変動詞から見た和漢混淆現象――

 第五章 古典語サ変動詞についての一考察――『沙石集』をとおして見た――

 第六章 『無名草子』における批評語としての形容詞形容動詞


第二篇 中世後期の語彙語法

 第一章 室町時代における「こそ」の係り結び

 第二章 室町時代における助詞「バシ」

 第三章 室町時代における副詞「必ズ」と「定メテ」をめぐって

 第四章 中世語としての副詞「かまへて」

 第五章 接頭語「御」を冠した形容詞の敬譲表現――御伽草子を中心として――

 第六章 御伽草子形容詞――その語彙変遷の過程を踏まえて――

 第七章 御伽草子の美的表現――「うつしく」「いつくし」をめぐって――

 第八章 御伽草子文章

 第九章 国語史上における『長恨歌琵琶行抄

 第十章 『琵琶行抄』の語彙


第三篇 論語抄国語学的考察

 第一章 書陵部蔵『魯論抄』の本文の考察

 第二章 国語資料としての書陵部蔵『魯論抄』

 第三章 表現形式より見た『論語抄』の文体の考察

 第四章 『論語抄』の漢文訓読語についての一考察

 第五章 『論語抄』の動詞語法(一)

 第六章 『論語抄』の動詞語法(二)

 第七章 『論語抄』の待遇表現――敬語動詞を中心に――

 第八章 『論語抄』の形容詞


第四篇 鶏肋

 第一章 「とばかり(暫時)」考

 第二章 「しばらく(暫く)」考

 第三章 語誌類聚

 第四章 御物本『更級日記』における字音語仮名表記

 第五章 伏見院宸翰本『松浦宮物語』の和語仮名遣い

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。