加藤美倫『演説坐談洒落滑稽/是丈は心得おくべし』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

加藤美倫『演説坐談洒落滑稽/是丈は心得おくべし』

加藤美倫

大正8.2.28

大正8.10.15 二十九版

誠文堂?

人前で話をするには是丈を心得おくべし

 心得おくべき根本条件

 手振と身振と眼付

 例話と譬諭引用

坐談と五分演説に就て是丈は心得おくべし

 場所慣れた坐談・気の利いた五分演説

 新年会忘年会の坐談と席上挨拶

 各種饗宴懇親会の坐談演説

 婚姻寿賀其他祝宴の坐談演説

 送迎会の坐談演説

 席上五分演説雑集

式辞答辞に就ても是丈は心得おくべし

 式辞答辞朗読法と注意

 式辞答辞名家模範文例

長広舌を振ふには是丈は心得おくべし

 長演説に特に心得おくべき事

 典型的大雄弁

洒落滑稽是丈は心得おくべし

 洒落滑稽の練習法

 軽妙洒脱の粋

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。