凌雨漫録

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

凌雨漫録

日本随筆大成3-4(新3-8)

https://archive.org/details/daisankinihonzui04toky 日本随筆大成3-4

金山

銅山諸色の渡し方

銅山鍛冶及山役人の名称

金山諸道具

金銀銅鉄の掘方

金山

銀山

銅山

真鞴

山神祭

南蛮鞴

紺青緑青

佐渡国方言

蝉丸を延喜帝の王子也といふに就いて、水戸学士の一説

茄子を貯ふる法

大根おろしを貯る法

酢の効能

蝮蛇にさゝれたる時の心得

臭穢を防ぎ疫癘の伝染を防ぐ法

土瓶の底ぬけを治する法

髪結、駕舁はトヤを患ふ

二十日草

和蘭人我邦に通ずる始

ゲイツルの馬術

青木昆陽

橘千蔭長歌短歌

蝴蝶

梁塵

暢操

琴の名器

椒房

柔術の始

忍ケ岡

十姓香

くすの木並に樟脳

利休居士

芭蕉庵桃青

榎本其角

蚕桑の始

難字のしるべ

禅学を学ぶ益

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。