倉田静佳「馬琴の読本に見られる「然」が後接する漢字語」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

倉田静佳「馬琴の読本に見られる「然」が後接する漢字語」

文学語学177

倉田静佳

【全然】

 参考文献

浅野敏彦(一九九八)「自然と天然──類義語の相関」『国語史のなかの漢語和泉書院

岩淵匡(一九八九)「振り仮名の役割」『講座日本語と日本語教育九 日本語文字表記(下)』明治書院

遠藤好英(一九九九)「漢語「徒然」の語史──和化漢語成立まで──」『文芸研究』第一四七集

太田紘子(一九九四)「『浮雲』擬声語漢字表記」『就實語文』第一五号

大坪併治(一九八九)『擬声語の研究』明治書院

小野寺学(一九九八)「近代における二字漢語「-然」の展開と定着」『言語学論集』第二号

梶原滉太郎(一九七六)「尾崎紅葉「三人妻」副詞表記『佐藤喜代治教授退官記念国語学論集』桜楓社

木村義之(一九九四)「近代あて字文学」『日本語学(明治書院)』第一三巻第四号

京極興一(一九九八)『近代日本語の研究──表記表現──』東宛社

呉川?(一九九一)「鴎外漱石小説にみる漢語のオノマトぺ」『相模女子大紀要』第五四号A

杉本つとむ(一九八二)『西鶴語彙管見』ひたく書房

杉本つとむ(一九九六)『江戸の文苑と文章学早稲田大学出版

鈴木丹士郎(一九六七)「馬琴語彙」『専修国文』第一号

鈴木丹士郎(一九六八)「「里見八犬伝」に見える漢語語彙(上)」『専修人文論集』第一号

鈴木丹士郎(一九六九)「「里見八犬伝」の漢語語彙について」『専修国文』第五号

鈴木丹士郎(一九八二)「読本語彙」『講座日本語の語彙五 近世の語彙明治書院

鈴木英夫(一九九三)「新漢語の受け入れについて──「全然」を例として──」『国語研究』明治書院

玉村文郎(一九七三)「漢字をあてる──「多情多恨表記考」『大阪外国語大学学報』第二九号

玉村文郎(一九八八)「尾崎紅葉幸田露伴漢字──『多情多恨』と『五重塔』」『漢字講座九 近代文学と漢字明治書院

趨英姫(二〇〇一)「近代語形成期における漢語副詞の出現形態と使用場面との関連性」『早稲田大大学院文学研究科紀要』第四六輯第三分冊

中里理子(二〇〇〇)「明治前期の和語系・漢語系オノマトペについて──『浮雲』を中心に──」『上越教育大学研究紀要』第一九巻第二号

中里理子(二〇〇一)「明治後期の和語系・漢語系オノマトペ」『上越教育大学研究紀要』第二〇巻第二号

中里理子(二〇〇三)「オノマトペ語義変化──明治期の「うっとり」「うっかり」を中心に」『文学・語学』第一七六号

橋浦兵一(一九八八)「夏目漱石『こゝろ』の漢字表記およびその背景」『漢字講座九 近代文学と漢字明治書院

半澤幹一(一九八八)「二葉亭四迷漢字──「浮雲における字法」『漢字講座九 近代文学と漢字明治書院

深井一郎水持邦雄(一九八六)「「夢想兵衛胡蝶物語」について──近世語研究(六)」『金沢大学教育学部紀要(人文科学・社会科学編)』第三五号

福島邦道(一九八○)「とぜん(徒然)考──漢語史と方言」実践国文学第一七号

前田富旗(一九八三)「漢語副詞の変遷」『国語語藁史の研究四』和泉書院

水持邦雄(一九八八)「「弓張月」にみる近世漢字・漢語──現代語との連関から」『金沢大学語学・文学研究』第一七号

山内洋一郎(一九八七)「中世漢語の一面──毛詩抄「-然」をめぐって」『国語語彙史の研究八』和泉書院

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。