伊藤正徳『新聞五十年史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

伊藤正徳『新聞五十年史』

新版

昭和22.4.8

書房

はしがき 昭和21.8

再版の辞 昭和21.8.15

黎明期

明治初期の新聞と政党

憲法発布前後の新聞

日清戦争前後の新聞

日露戦争と新聞

技術と経営

大正初期の言論界

欧州大戦・巴里会議・華府会議

普選運動と新聞

新聞の盟休と関東大震災

大正期に於ける編輯と経営

不況時代の諸形相

満州事変と新聞異変

代表通信社「同盟」の成立

日華事変から太平洋戦争

新聞紙の大転換

太平洋戦争新聞

戦後の新聞

相次ぐ新聞異変

附録 聯合軍最高司令部の対日新聞製作に関する発表其他

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。