井上ひさし編『日本の名隨筆70語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

井上ひさし編『日本の名隨筆70語』

井上ひさし

日本の名隨筆70

『語』

作品

1988.8

ISBN:4878939702

五十音図 谷川俊太郎

言葉について            堀田善衞

不確かな言葉つかい 佐多稲子

言葉女言葉 円地文子

言葉について十章 宇野信夫

文章を殺すもの生かすもの 石川淳

話し言葉と調性 小倉朗

失われたことば 竹内敏晴

ことば風土記方言風土 藤原与一

日本語のワルシャワ方言 島尾敏雄

ぼくの原体験は英語を覚えたことだ 植草甚一

接続法第二式『木村・相良独和辞典種村季弘

医者のドイツ語           加藤周一

日待ち翻訳について 杉本秀太郎

接吻 四 斎藤茂吉

沙翁旧訳本 日夏耿之介

舞台言葉 岸田國士

字音語丸谷才一

漢字とかなのこと 大岡信

文部省仮名遣改定案について 芥川龍之介

国語読本のこと 井伏鱒二

器用な言葉洒落 薄田泣菫

東西伊呂波短歌評釈 幸田露伴

符牒語源 三代目三遊亭金馬

ういろう売のせりふ         鈴木棠三

ことばという遊び抄 高橋康也

戯詩笑覧 加藤郁乎

とぜんそう・ごまみそずい 別役実

凍った言葉伝説《バロロル ジユレ》 渡辺一夫

地口落ちについてのメモ 井上ひさし

あとがき

執筆者紹介・語随筆ブックガイド

〈口絵〉赤犬棒いろはかるた(江戸)・いやいやいろはかるた(上方)

   滴翠美術館蔵

〈函絵〉長谷川光信画『繪本御伽品鏡』より

装丁 菊地信義

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。