与謝野鉄幹・与謝野晶子集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

与謝野鉄幹・与謝野晶子集

明治文学全集

与謝野鉄幹

 東西南北

 天地玄黄

 鉄幹子

 紫

 毒草

 相聞

 亡国の音


与謝野晶子

 みだれ髪

 小扇

 恋衣

 舞姫

 夢之華

 常夏

 佐保姫

 ひらきぶみ

 哀歌


明星派文学

 栗島狭衣篇 絵師他一篇

 山川登美子短歌二七五首

 平野万里篇 若き日

 茅野蕭々篇 落葉他九篇

 茅野雅子短歌五三首

 石上露子篇 小板橋・短歌八〇首・日記より・かげろふ・夕・夢のひと


「明星」以前の鉄幹(河井酔茗)

鉄幹及び其「東西南北」(八面楼主人)

与謝野寛先生還暦の賀に際して(木下杢太郎)

みだれ髪を読む(上田敏)

『みだれ髪』の浪曼的感覚(日夏耿之介)

与謝野晶子論(矢野峰人)


解題(野田宇太郎)

年譜(遠藤祐編)

参考文献(遠藤祐編)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。