あいらぶ関西

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

あいらぶ関西

日本経済新聞社編

保育社

1986

あいらぶ関西

あいらぶ関西


関西弁を守る pp.108-114

 落語家交えて勉強会

  弟子は近畿地方の出身者に限定

  ユーモアまでの東京化はごめん

  正しい京ことばの指南に使命感

 言葉こそ文化の基盤

  文楽劇場できて地元の若者応募

  東京弁より含蓄・感性ともに豊か


言葉の障壁を越えて pp.256-261

 "国際直流"返上

 心は通訳不要

 交流の場作り

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。