『袖珍/コンサイス/万用字引』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

『袖珍/コンサイス/万用字引』

物集文学博士監修

文化出版社編輯局編纂

(壹萬部普及版)

袖珍/コンサイス/万用字引 全

東京 文化出版社蔵版

大正十一年十二月十五日印刷

大正十一年十二月十八日発行

大正十二年六月一日廿八版発行

著作兼発行者 秋永芳

発行所 文化出版

正価 金壹円五拾銭

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/917177

例言 大正十一年十一月 編者識 1-2

目次 1-2

上欄 日用語字鑑 1−477

第一編 日用外来語 1−95 アークスカメラ〜ワンダー

第二篇 日用新聞語 96−165 赤〜ろはだい

第三編 日用常識語 166−255 赤犬をけしかける〜わりした

 1談話、応対の際、対手の言葉意味が分らず、当の対手は勿論親兄弟や友人などにも聞かれぬことがある。否聞くのが恥かしく、亦自尊心を傷けられると思ふ時が屢々ある。

 2此の編に収むる所は、普通の辞書にない隠語方言*1略語、謎、洒落俗語等の各般に亘って、日常盛んに使用されて居るもの數百語の常備智識を網羅したるものである。

第四編 日用故事熟語 256−329 阿衡〜和魂漢才

第五編 日用格言俚諺 329−409 愛して其の悪きを知り[…]〜禍も三年置けば役に立

第六編 適用字鑑 410−457 あゝ〜をはる

第七編 誤用類字鑑 458−468 嗚呼〜灣曲

第八編 誤読熟字鑑 468−487 

第九編 仮名遣法 487−507

第十編 難読字鑑 上欄 477−507

*1:殆んど、物類称呼によるものと思われる。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。