『新版 現代国語 2 三訂版』三省堂

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

『新版 現代国語 2 三訂版』三省堂

昭和48年4月10日 文部省検定済

昭和54年3月31日 改訂検定済

初版印刷 昭和55年3月25日

初版発行 昭和55年3月30日

作者 現代国語編修委員会 代表者 土井忠生 ほか17名(別記)

発行者 三省堂

印刷者 三省堂

発行所 三省堂


1 生の発見

 〈自伝〉憧憬 青野季吉

 〈小説〉小さき者へ 有島武郎

 ▽資料 武郎書簡二通

2 生活への視座

 〈小説〉下駄を彫る人 三木卓

 〈ルポ〉炭焼き 大谷晃一

 ▽書く 材料七分、腕三分 〈加藤秀俊

 〈随想〉私の文章修業 飯田善国

3 イメージの形成

 〈詩〉山鴫 田中冬二

    母  吉田一穂

 〈俳句〉プラタナス─俳句十六句─ 石川波郷ほか

 〈評論イメージの追求 大岡信

4 自然と文明

 〈評論海上の道 柳田国男

 〈論説〉幻の森 宮脇昭

5 表現の方法

 〈断章〉思考の断章

     怒りについて/三木清

     地獄/芥川龍之介

     思想の移植性について/林達夫

 〈解説表現位置──「いま」「ここ」の発見

 ▽観点と筋・構成西郷竹彦

6 現代の証言

 〈詩〉レインコートを失くす 関根弘

 〈小説〉赤い繭 安部公房

     野火

7 歴史への眼

 〈随筆〉一握りの大理石の砂

 〈評論〉木馬の歴史

 〈対話歴史を巡る対話

8 愛

 〈小説〉狭き門 アンドレ=ジイド 山内義雄

9 日本人表現

 〈紀行〉大江山の鬼

 〈論説日本語代名詞

 ▽伝え合うこと──實用の手紙を書く

10 人間この不思議なるもの

 〈戯曲〉炎の人

     ものぐさ太郎

     牛人

*形象の把握と感情の表現

 考えること

 構成表現

漢字の習得

現代国語文法

国語文化史表覧」 282-290

現代国語文化年表 291-300

学習する事がら一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。