『品詞別日本文法講座1品詞総論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『品詞別日本文法講座1品詞総論』

     第1巻

日本文法における品詞 阪倉篤義

 一 語分類における直観的把握

  1 品詞分類以前

  2 語の直観的把握の意義

 二 西洋文法の八品詞

  1 八品詞の呪縛

  2 品詞とパーツ・オブ・スピーチ

 三 単語の認定と品詞

  1 松下博士の詞と原辞

  2 助辞単語

  3 単語のとらえかた

 四 あるべき品詞分類

  1 原辞の相関と詞の相関

  2 構文論的観点の必要


文法論の単位としての語──付、語構成の問題  宇野義方

 一 問題の概観

  1 文法論

  2 文法

  3 言語単位

  4 文法論の単位(諸説)

  5 語

  6 語構成

 二 語とその認定(一)

  1 橋本氏の考え方

  2 時枝氏の考え方

  3 山田氏の考え方

 三 語構成の問題点

  1 単語

  2 語構成(諸説)

  3 文法論語構成

  4 山田氏の説(複合の方式)

  5 松下氏の説(原辞の結合関係)

  6 斎賀氏の説(語結合の意味的関係)

  7 語構成の要素

  8 語構成の問題点

 四  語とその認定(二)

  1 松下氏の考え方

  2 森岡氏の考え方

  3 日野氏の考え方

  4 服部氏の考え方

  5 佐久間氏の考え方

  6 単語認定の困難


品詞分類の歴史と学説 鈴木一彦

 一 はじめに

 二 伝統的語分類

  1 『万葉集』における〈辞〉の意識

  2 「宣命書」における大字と小字の区別

  3 歌論書における語分類

  4 連歌論書における語の分類意識

  5 富士谷成章の語分類

  6 本居宣長の語分類

  7 鈴木朖の語分類

  8 富樫広蔭の語分類

  9 東条義門の語分類

  10 伝統的語分類のまとめ

 三 西洋文典の面からみた語分類

  1 ロドリゲス日本大文典

  2 コリャード『日本文典

  3 ホフマン日本語文典

  4 鶴峰戊申の語分類

 四 明治以後の語分類

  1 田中義廉の語分類

  2 中根淑の語分類

  3 大槻文彦の語分類

 五 むすび

文章論文論品詞 林巨樹

 一 文章論文論品詞論との関係

  1 『広日本文典』の品詞

  2 『中等文法』の品詞論への導入としての文章論

  3 二つの考え方の対比

 二 文章論文論から品詞分類に進む考え方

  1 『広日本文典別記』のとらえ方

  2 岡沢鉦治『初等日本文典

  3 松尾捨次郎の『日本文法教本』

  4 湯沢幸吉郎の分類表

 三 文章論文論品詞との問題点

  1 今日の品詞分類のわくぐみ

  2 品詞の上位概念

  3 時枝誠記の詞辞論

  4 文章論文論品詞論とのかかわり

  5 渡辺実構文論品詞

 四 文章論文論──接続詞代名詞文章論など

  1 文章論文論の関係

  2 文論に対する文章論

  3 文章論品詞分類ー接続詞代名詞

  4 接続語指示

 五 文の成分論と品詞分類

  1 連体詞副詞

  2 連用修飾品詞づけ

  3 品詞転成文の成分

  4 語句呼応その他


品詞敬語法 杉崎一雄

 一 はじめに

 二 「敬語」とその種類

 三 品詞別の敬語表現

  1 名詞

  2 数詞

  3 代名詞

  4 動詞

  5 形容詞

  6 形容動詞

  7 副詞

  8 連体詞

  9 接続詞

  10 感動詞

  11 助動詞

  12 助詞

四 むすび


資料・代表的品詞分類法──品詞分類関係書抄  鈴木一彦

  『手繭葉大概抄之抄』

  『言語四種論

  『玉緒繰分

  『詞の玉橋

  ロドリゲス日本大文典

  「国文法諸説対照表」

  「国文法学説対照表」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。