『マンガ研究』18

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

『マンガ研究』18

日本マンガ学会

2012.3

http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843338537

ウンサーシュッツ・ジャンカーラ「マンガにおける文字情報の分類とマンガ読み方――手書き台詞・考え事・コントに注目して」 pp.8-24


第11回シンポジウムマンガ地域性

 第1部 〈地方〉の発見 長谷川法世・村上知彦・司会宮本大人 pp.148-201

 第2部 全国に広がる地方/地元マンガ こうの史代・金水敏・ヤマダトモコ・司会:吉村和真 pp.202-250


フォーラム

 表現規制問題を考える 兼光ダニエル真/藤本由香里

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。