『なにわ古書肆 鹿田松雲堂五代のあゆみ』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

『なにわ古書肆 鹿田松雲堂五代のあゆみ』

なにわ古書肆 鹿田松雲堂五代のあゆみ

四元弥寿

飯倉洋一

山本和明

山本はるみ

柏木隆雄

四元大計視

和泉書院 (上方文庫)

2012.11.25

鹿田松雲堂と私 肥田晧三

『なにわ古書肆/鹿田松雲堂 五代のあゆみ』由来 柏木隆雄

鹿田松雲堂 五代のあゆみ 四元弥寿

 初代松雲堂 鹿田清七

 二代松雲堂 鹿田静七

 三代松雲堂 鹿田静七

 四代松雲堂 鹿田静七

 五代松雲堂 鹿田静七

鹿田松雲堂代々年表

資料

 初代松雲堂 鹿田清七

  岡千仭「松雲堂記」

  一花堂山水作『風流俄一杯喜言』より

  磯野秋渚「小篠の雫」

 二代松雲堂 鹿田静七

  「書籍月報」第一号 巻頭言ほか

 三代松雲堂 鹿田静七

  沖森直三郎古書と私――回想八十年」(抄)ほか

 四代松雲堂 鹿田静七

  「犬養老総裁 閑日月ぶり」

  南木芳太郎大阪郷土資料展観目録」序 ほか

 五代松雲堂 鹿田静七

  五代襲名通知はがき

あとがき 四元大計視

史料翻刻執筆者

合山林太郎浜田泰彦

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。