『くらしの工夫』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『くらしの工夫』

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001638517-00

今田謹吾

生活社

昭和十七年六月二十日発行

昭和十七年七月二十日再版



きもの

くふう

でざいん

お掃除や臺所 長倉總子

若い人に 鹽澤沙河

上級學校の人 北田蓮子

むだの無い外出着 越水金治

ぜひズボンは一ツ要る 戸田康子

お勤めに 佐々木清子

手で縫へる服 平河すゞ子

運動とよそゆき

きもの前の服 今田敏子

ゆかたを直して 小原京子

女らしい服 長谷川きみ

りゝしい服 松永冬子

けい古に縫ふ 鈴木千代

勝負(横光利一) 58-59

私はかう思ふ(平出英夫)

しまつの夏着(藤原あき)

東亜の生活表現(吉屋信子) 66-68

こどもの情操教育(兼常清佐) 68-70

日本人のたしなみ(岸田国士) 71-73

京都の借家(林芙美子)

色の量(佐野繁次郎)

あこがれの美(森田たま)

着物の参考(尾上菊五郎)

「一疋」の利用(三宅周太郎)

兵隊のみだしなみ(三徳四水)

婦人標準服の考案(斎藤佳三)

洋装の歩むみち(佐竹武美)

染め替へ(柴崎吉太郎)

生地のこと(白井敬三郎)

帽子をうちで作る(齋田あき)

いぼじり巻き(嵯峨とみ)

洋服のこと(村松浜子)

ヒフを守れ(中村敏郎)

すまひの事(間喜三郎)

こども(林淑子)

きもの読本(安並半太郎)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。