〈語種論〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

〈語種論〉

『日本語学』3-9

1984.9

エッセイことばの「性格」 小島憲之

語種論の課題 田中章夫

基本語彙と語種 玉村文郎

語種構造の漸移相 前田富祺

語種と造語力 野村雅昭

国語教育における語種 甲斐睦朗

エッセイことばの味 和語の味・漢語の味・外来語の味

 ◇ことばの味 足立巻一

 ◇和語漢語外来語 近代短歌におけることばとして 近藤芳美

 ◇ことばの味 下重暁子

 ◇"対訳詩"を眺めて 吉原幸子

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。