〈舌耕文芸研究〉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

〈舌耕文芸研究〉

『国語と国文学』62-11

(1985)


舌耕文芸について 中村幸彦

形成期の太平記読み 加美宏

 一『家乗』の記事を中心に 

唱導から芸能へ 後小路薫

 一石山合戦譚の変遷

一休はなし』版本攷 石川俊一郎

後期咄本の展開 宮尾與男

 一江戸における舌耕文芸成立

落語と俗伝 二村文人

幕末神道講釈堀秀成 岡田哲

実録読本 横山邦治

舌耕芸と演劇の技法 松崎仁

草双紙舌耕文芸 佐藤悟

 『昔々歌舞妓物語』の成立基盤とその中絶

舌疾の文芸 野村純一

 一早物語の現在

政談月の鏡」の手法 延広真治

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。