国語史グループ

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

kokugosiグループについて

kokugosiグループについて

Chinese borrowings in preliterate Japanese

https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA08749803 亀井孝『日本語系統論のみち』

亀井肇『いまどきのコトバたち

亀井肇 平凡社 1989.6.9 いまどきのコトバたち 作者: 亀井肇 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 1989/06 ...

〈語種論〉

『日本語学』3-9 1984.9 ★エッセイ★ことばの「性格」 小島憲之 語種論の課題 田中章夫 基本語彙と語種 玉村文郎 語種構造の漸移相 前田富祺 語種と造語力 野村...

篠崎晃一『出身地がわかる!気づかない方言』

出身地(イナカ)がわかる!気づかない方言 作者: 篠崎晃一+毎日新聞社 出版社/メーカー: 毎日新聞社 発売日: 2008/08/29 ...

五所美子「式亭三馬の言語描写についての一考察」

五所美子 『語文研究』26 式亭三馬 http://ci.nii.ac.jp/naid/120000981846 https://doi.org/10.15017/12224

五所美子

https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00174616

金谷治

https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00025954

志村良治

https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00072120 中国語学者 1928〜1984 東北大学

北原保雄『日本語助動詞の研究』

北原保雄『日本語助動詞の 研究』 大修館書店 『日本語学』1-1 1981.11に自己紹介 まえがき 序章 助動詞とは何か  助動詞は品詞として認められるか 第一節 はじめに ...

東京書籍『国語総合 古典編』平成二十七年

平成二十四年三月五日検定済 平成二十七年一月二十日印刷 平成二十七年二月十日発行 著作者 三角洋一 ほか二十八名(別記) 2 東書 国総304 1 古文入門  検非...

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。