国語史資料の連関

この日記にはコメントできません。