国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-04-19

[]国語学三宅花圃国語学(三宅花圃) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語学(三宅花圃) - 国語史資料の連関 国語学(三宅花圃) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

宮「さうか。國語學では葦男さんは年に似合ずよく出來るとの事だが。さうして見れば姉さんの力かネ。

葦「ハイ亡父のをりました時に。姉は始終下田歌子さんの處へ通學致しまして。歌などの稽古をしたり。書《ほん》を讀んだりしましたので。一通《ひととほり》は私も姉からをそはりました。

三宅花圃「藪の鶯」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100419

2010-01-14

[]文法といふものは其国語を用ゐる作者読者との間の約束に過ぎません(石川啄木文法といふものは其国語を用ゐる作者と読者との間の約束に過ぎません(石川啄木) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文法といふものは其国語を用ゐる作者と読者との間の約束に過ぎません(石川啄木) - 国語史資料の連関 文法といふものは其国語を用ゐる作者と読者との間の約束に過ぎません(石川啄木) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

或時などは国文法上の一質問に答へて、「文法といふものは其国語を用ゐる作者読者との間の約束に過ぎません。文章を錯誤なく書き得る人には覚える必要のないものです。だから私は四段活も十段活も百段活も知りません。」と空嘯いた事も

石川啄木「林中書」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100114

2010-01-11

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100111