国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-05-02

[]明治10年代の家庭教育津田左右吉「自叙伝」明治10年代の家庭教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明治10年代の家庭教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 明治10年代の家庭教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 小學校へあがつたのは明治十二年であつたから、七つの歳であつた。その前に家で父から四書素讀を教へられたはずであるが、その時のことも明かにはおぼえてゐない。たゞ讀んだ本がミノ紙判の大きな道春點のであつたことは、その本を今でも持つてゐるから、知つてゐる。教へられる時には、一字一字、字をついて習つたに違ひないが、おさらへをくりかへすうちに、いつのまにか、そらでおぼえてしまひ、本をあけはするものの、字などはろくに見ずに口だけで誦んだことだけは、おぼえてゐるやうである。その日に教へられるところまでその本の始めから毎日おさらへをするきまりであつたと思ふ。それから、字をおぼえるのをむつかしいこととは思はなかつたやうである。もつとも、おほよその字の形でおぼえてゐるだけであつて、畫の多い字になると、その畫を一々はつきりあたまに入れたのではなかつたらう。としとつた今になつても、字びきをひかなくては、その畫をたしかに思ひ出すことのできないばあひがあるくらゐである。また本をあける時と閉ぢる時とには、兩手で捧げ持つて頂いたこともおぼえてゐるが、これは、かなり後までもさうしてゐたのだから、あとのことが記憶にのこつてゐるのかもしれぬ。このころに暗誦したことは、後になつてほとんど忘れてしまつたらしいから、かうして教へられたのは、何のやくにも立たないことであつたやうだが、それでも、さうして文字を知つたことが、小學校へあがつてからいろ/\の本を讀むばあひの助けにはなつたであらう。四書素讀を習つたくらゐだから、カナやいくらかの漢字書くことも、家で教へられもし習ひもしたはずであるが、それをどのやうにして教へられたり習つたりしたかは、はつきりとはおぼえてゐない。


津田左右吉「自叙伝」「子どもの時のおもひで」『全集』24 pp.8-9

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120502

2012-05-01

[]明治10年代の小学校教育津田左右吉「自叙伝」明治10年代の小学校教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明治10年代の小学校教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 明治10年代の小学校教育([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 學校の初年級で何を教へられたかは、ほとんどおぼえてゐないが、たいていは本を讀むことであつたらしい。その本には「小學讀本」といふのがあつたに違ひないが、一般に知られてゐる如く、それはアメリカ讀本の翻譯めいたものであつた。もちろんその時にそんなことを知つてゐたのではない。算術のけいこには、横はゞの三尺くらゐもある日本のそろばんの大きなものを、黒板の上にかけて敦へられた。珠が赤や青で染めてある四角な形をした小さいものもあつたが、これは先生が生徒に見えるやうに手にもつて使はれた。昔ふうのお草紙で手ならひもした。お手本は先生が書いて下されたやうだが、何が書いてあつたかは忘れてしまつた。たゞ初めから漢字ばかりであつたやうに思ふ。千字文を習つたおぼえがあるが、それはもう少し上級になつてからのことかもしれぬ。

 本をどういふふうに教へられたかは、よくおぼえてゐないが、まつ素讀のやうな讀みかたをしておいて、次にその講釋をして聞かされたかと思ふ。その講釋は口語でせられたであらうが、それがどんないひかたであつたかは、忘れてしまつた。土地の方言ではなかつたやうに考へられるが、それならば、どんなことばつかひであつたかといふと、それがわからないのである。本にはかなりむつかしい漢字があつたに違ひないが、その漢字を音で讀むばあひ、特に熟字には、一々それに日本語をあてることになつてゐたらしいから、いま思ふと、そのためにむりないひかたのせられたことがあるやうである。例へば、「國民」といふ文字があると、それを「コクミン」と讀んで「クニタミ」と講釋するのである。しかし「クニタミ」がどういふ意義であるかはわからずにすましてゆく。(これは假りに設けていつたのみである。その時の讀本などに「國民」といふ文字が用ゐてあつたかどうかは、はつきりしない。)今ならば音で讀むだらうと思はれる文字を、そのころにはで讀むぱあひもあつたので、本の標題の下に「なにがし編」とあると、その「編」を「あむ」と讀んだことをおぼえてゐる。そのころは、後年のごとく漢語がそのまゝに口語としては用ゐられなかつた時代である。かういふ讀みかたや講釋のしかたは、たぶん、漢籍の教へかたがそのまゝうけつがれたのであらう。ついでに書いておく。そのころの「官員」の地位に「屬」といふのがあつて、階級によつて一等屬とか二等屬とかいはれてゐた。その「屬」をサクワンと讀むやうに教へられたと思ふ。むかしの令の官制の稱呼によつたのであらうが、世間一般にさういつてゐたのか、たゞしはわたしの學校の先生のだれかの考であつたのか、よく知らぬ。

津田左右吉「自叙伝」「子どもの時のおもひで」『全集』24 pp.12-14

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120501

2011-12-25

[]手習いの町師匠(飛鳥川) 手習いの町師匠(飛鳥川) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手習いの町師匠(飛鳥川) - 国語史資料の連関 手習いの町師匠(飛鳥川) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

手習の町師匠も少く、数へる程ならではなし。今は一町に二三人づゝも在り、子供への教へ方あるか。幼少にても見事に書也。

手跡の事は広沢得と明らめ世の中へ弘めし也。是中古の筆道の祖と思ふ。学文も勝て筆道の事は別て委し。其外能書もあれど広沢に及びがたし。

岸井良衞『江戸雑稿』p.170

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20111225

2011-12-24

[]むかしの手習讀書の師(夏山雑談) むかしの手習讀書の師(夏山雑談) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - むかしの手習讀書の師(夏山雑談) - 国語史資料の連関 むかしの手習讀書の師(夏山雑談) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

むかしは兒童を寺院へつかはし、僧を頼みて手習物讀などをさせしなり。今も邊土はかくの如し。今世商家にて手習の師をする所を寺といひ、子どもを寺子と云ふも此風なり。

岸井良衞『江戸雑稿』p.169

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20111224

2011-12-17

[][]平仮名片仮名の先習(授業編) 平仮名と片仮名の先習(授業編) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 平仮名と片仮名の先習(授業編) - 国語史資料の連関 平仮名と片仮名の先習(授業編) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 我が邦小兒の手習ひには、まづ「伊呂波」を習はす事、都鄙上下一般なり。げにも國字字母にして、これをだに書き得れば、たとへふつつかなりとも、用事を弁ずべし。其の上に畫すくなくして、小兒の手ほどきによろし。漢土にても、「丘上大人」の書を以て、小兒の書字の門戸とする事、諸書に見えたり。孔聖人の、御父へ上られし書なりと云ひ傳ふ。後人の僞作は論なし。畢竟、畫のすくなぎ字を集め、小兒の手ほどきとなす。わが邦の「伊呂波」に準ずべし。また「永」字を書かせて八法・十六法を教ゆるなど、人々知るところ、これを略す。わが邦の「伊呂波」は僧空海の作と、みな人いへども、其の實、空海の師、五明の作なりと云ふ人あり。

 雨芳洲は、「小兒には、まづ片假名の『イロハ』を教ゆるがよし。畫すくなくして、しかも字形楷正なれば、筆法の門戸に極めてよろしきを、此の邦の人は『小兒、片假名を書けば、手跡かたづまりて惡しき』と云ひ、これを制して書く事を許さざるは、心得がたし」と云ひおけり。近衞予樂院公も嘗て仰せあり、「小兒には、其の初めに畫の少なき楷書を教ゆるがよし。すべて文字は、正直ならん事を欲す。直ならんことを欲すれども、とかく邪曲なりやすきものなるを、字形・運筆ともに紆曲したる『伊呂波』を以て、教への初めとするは、然るべからず」とのたまへり。予樂院公とは、當時世に「川原の御所」と稱し、和漢の才めでたく、書法も精妙におわしませしなり。公の御論も、雨芳洲の説と同一なり。余ひそかにこれを思ふに、尊貴の御身の上は、書字の臣、備はりてあれば、日用の事、みづから筆を取らせらるるに及ばざれば、公の御説まことにいともかしこし。また士庶のまちまちなるも、其の人の境界・職業によりて、芳洲の説にしたがうもよし。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20111217