国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-01-15

[]日本国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた(石川啄木日本の国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本の国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 日本の国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 新らしい詩の試みが今迄に受けた批評に就て、二つ三つ言つて見たい。

「[なり]と[である]若くは[だ]の相違に過ぎない。」と言ふ人があつた。それは日本国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた。

 人の素養と趣味とは人によつて違ふ。或る内容を表出せんとするに当つて、文語によると口語によるとは詩人の自由である。詩人は唯自己の最も便利とする言葉によつて歌ふべきである。といふ議論があつた。一応尤もな議論である。然し我々が「淋しい」と感ずる時に、「あゝ淋しい」と感ずるであらうか、将又「あな淋し」と感ずるであらうか。「あゝ淋しい」と感じた事を「あな淋し」と言はねば満足されぬ心には徹底と統一が欠けてゐる。大きく言へば、判断――実行――責任といふ其責任を回避する心から判断を胡麻化して置く状態である。趣味といふ語は、全人絡の感情的傾向といふ意味でなければならぬのだが、往々にして、その判断を胡麻化した状態の事のやうに用ひられてゐる。さういふ趣味ならば、少くとも私にとつては極力排斥すべき趣味である。一事は万事である。「あゝ淋しい」を「あな淋し」と言はねば満足されぬ心には、無用の手続があり、回避があり、胡麻化しがある。其等は一種の卑怯でなければならぬ。「趣味の相違だから仕方がない。」とは人のよく言ふところであるが、それは、「言つたとてお前には解りさうにないからもう言はぬ」といふ意味でない限り、卑劣極まつた言ひ方と言はねばならぬ。我々は今迄議論以外若くは以上の事として取扱はれてゐた「趣味」といふものに対してもつと厳粛な態度を有たねばならぬ。

石川啄木「弓町より」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100115

2009-04-17

[]「言文一致敬語「言文一致と敬語」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「言文一致と敬語」 - 国語史資料の連関 「言文一致と敬語」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

例へば「云々です」「云々であります」「云々でござります」のたぐひは、すべて私交的の敬語に傾いて、之を其のまま文章にすれば、何うも敬語に過ぎたやうに感ずる、それかと言ツて、「云々だ」と言ひ放てば、独語的、すなわち横座弁慶の独りで、気炎を吐く格に聞えて、おもしろくない、(中略)多分紅葉氏あたりが流行りはじめであったか、「云々である」といふ辞法を工夫する人がアツて、目今広く行はれるやうになツた、これが畢竟「云々でござります」と「云々だ」との中間を行くものに外ならぬ、併しこれとてもまだ十分独坐放言の口気を脱したものとは言はれぬ、外になければ是非もないこと、工風はまだまだ大に凝らす必要があらう、

森岡健二「言文一致体成立試論」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090417

2009-04-15

[][]談話体演説体 談話体・演説体 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 談話体・演説体 - 国語史資料の連関 談話体・演説体 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

今日の言文一致体の中には、談話体を用ゐるものも往々あるが、この体には、口語の各体の中の短所をのみ具へて居る様に思はるる。「あります」とか「御座ります」とか「なければなりません」とかいふ嫌なる敬語沢山の体は冗漫で柔弱で倦厭を招くことが甚だしい。此等の体も時に必要なることも有らうが、論文叙事文談話体を用ゐるごときことは、長所を捨てて短所を取るものといふべきである。言文一致文体に就ては、演説体講話体などが浅からぬ関係を有って居る様に思はるる。

言文一致(応急の手段)」(国学院雑誌明三四・六.二〇)「談話体演説体

森岡健二「言文一致体成立試論」

山本正秀近代文体形成史料集成

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090415

2009-04-14

[]ござんす・ござります ござんす・ござります - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - ござんす・ござります - 国語史資料の連関 ござんす・ござります - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

細川君の「御座んす」フルベツキ君の「御座ります」等は其用所甚多く文章としては見苦しきの憾なきにあらざれども是則ち其人の僻を真写したるものなれば敢えてとがむるに足らず 唯後進演説者をして其長をとり短を捨つる亀鑑となさしむべきのみ。

近江新聞(明一九・一〇・二六)

森岡健二「言文一致体成立試論」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090414

2009-04-13

[]ぢゃ ぢゃ - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - ぢゃ - 国語史資料の連関 ぢゃ - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

我輩ノ遺憾トスル所唯一点アリ加藤先生ノ演説中ニ「ぢゃ」トイフ事度々見ユ例ヘハ「道徳ハ社会ノ維持ト保存トノ為メニ出来タモノヂャ」ノ如シ此ハ筆記ノ儘トハ思ハレヌナリ(東洋学芸雑誌五九号)

森岡健二「言文一致体成立試論」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090413