国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-05-02

[]堤中納言物語・虫めづる姫君 堤中納言物語・虫めづる姫君 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 堤中納言物語・虫めづる姫君 - 国語史資料の連関 堤中納言物語・虫めづる姫君 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

かなはまだ書き給はざりければ、かたかんなに「ちぎりあらばよき極楽にゆきあはむまつはれにくし虫の姿は」福地の園にとある、右馬助見給ひて、いとめづらかにさまことなる文かなと思ひて

阪倉篤義「平がな用法の歴史」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090502

2009-01-17

[]江戸時代漢学者文字教育論(童子通江戸時代漢学者の文字教育論(童子通) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 江戸時代漢学者の文字教育論(童子通) - 国語史資料の連関 江戸時代漢学者の文字教育論(童子通) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

山本蕉逸

筆札も、少しは心得べきこと也、篆隷《テンレイ》までは届かずとも、楷行二體は小達者に書き習ふべし、草書は好んで書すべからす、さりながら、人の書きたるものは、有りふれた體ならば、讀めねば不自由也、二千字そこらは覺えおくべき也、

(原文片仮名。)

ティポグラティポグラ2009/01/19 20:20最近このサイトを発見して参考にさせてもらっています。
わかる範囲で出典のページを付けて頂けると助かります。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090117

2007-11-14

[]公文書真書で(公式令) 公文書は真書で(公式令) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 公文書は真書で(公式令) - 国語史資料の連関 公文書は真書で(公式令) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

凡、公文者、悉作2真書1。




佐藤喜代治正書法の歴史的背景」『漢字漢語の研究?

三保忠夫文書漢字漢字講座

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071114

2007-11-13

[]片仮名もて書たるは紅毛語(『紅毛雑話』) 片仮名もて書たるは紅毛語(『[[紅毛雑話]]』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 片仮名もて書たるは紅毛語(『[[紅毛雑話]]』) - 国語史資料の連関 片仮名もて書たるは紅毛語(『[[紅毛雑話]]』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

此書中平仮名をもて書たる中に。片仮名もて書たるは紅毛語なり。猶上下の文、もし混せざらんか為に。「 」かくのごとき点を置たり。

http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/komozatu/page.html?style=b&part=1&no=8



松井利彦漢語・外来語の性格と特色」(『講座日本語の語彙日本語の語彙の特色』昭和57年)の指摘による。

http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20080730/1217429879

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071113

2007-08-08

[]「音、崩して七百、楷書で六百」「浮世床」初編中 「音、崩して七百、楷書で六百」「浮世床」初編中 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「音、崩して七百、楷書で六百」「浮世床」初編中 - 国語史資料の連関 「音、崩して七百、楷書で六百」「浮世床」初編中 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


むづかしい字をしる程損がいくかと思ふよ。まづ観音さまの「音」の字を見ねへ。やさしく書けば七百といふ字だが、むづかしく書くと六百といふ字だ。してみれば舌切雀の葛籠といふ物で、手がるい方が徳だ。ソレよしかの ソレ、七百よ【ト火ばしで灰の中へ書いて見する】ソリヤ、むつかしく書くと六百、ソレ見たか是、ちよつとしても百損がいく。

五體字類「音」

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/5tai/haga645.html (五體字類「音」)


新潮古典集成の注で、天明三年刊『夜明烏』「文字せんさく」

「「をと」といふ字はどふ書く」と問ふ。「はて、知れた事じや。七百と書く」と言へば、「それは知つてゐる。真ではどふ書く」と問ふ。「真では六百と書く」と言へば、「はてのふ、結局百安いか」

を引く。

佐竹昭広古語雜談』では、「やさし」の用例として、ここを引用する。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070808