国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2013-01-12

[][][]礼法要項(昭和一六年) 第五章 言葉遣ひ 礼法要項(昭和一六年) 第五章 言葉遣ひ - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 礼法要項(昭和一六年) 第五章 言葉遣ひ - 国語史資料の連関 礼法要項(昭和一六年) 第五章 言葉遣ひ - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


一、長上に対しては相当の敬語を用ひる。

二、自称は、通常「私」を用ひる。長上に対しては氏又は名を用ひることがある。男子は同輩に対しては「僕」を用ひてもよいが、長上に対しては用ひてはならない。

三、対称は、長上に対しては、身分に応じて相当の敬称を用ひる。

  同輩に対しては、通常「あなた」を用ひ、男子は「君」を用ひてもよい。

四、対話者以外の人に就いて語る場合、長上は勿論、その他の者にも、相当の敬称・尊語を用ひる。長上に対して、その人より地位の低い者に就いて語る場合には、たとひ自分より上位の者であっても、普通には敬称敬語は用ひないか、又は簡略にする。

五、自分の近親に就いて他人に語る場合には、敬称敬語を用ひない。一般に当方の事に就いては敬称敬語を用ひないのを例とする。

六、受答には、必ず「はい」と言ふ。特に長上に対して「えゝ」と言ふのはよくない。

七、長上に対しては、なるべく「ございます」「あります」「参ります」「致します」「存じます」「遊ばす」「申します」「いたゞきます」等、時に応じて用ひる。長上には「です」「もらふ」「くれる」等は用ひない。

八、他人の物事には「お」「御」を附け、自分及び当方の物事には用ひないのを通例とする。一般的の物事にも用ひないのを通例とするが、口調や慣習で用ひる場合もある。

九、言語は出来るだけ標準語を用ひる。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1464441/14

参考文献

浅田秀子「「これからの敬語」の背景・理念と国民の実態」『国語論究13昭和前期日本語の問題点』

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130112

2011-03-01

[]「お」 「お」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お」 - 国語史資料の連関 「お」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

夜寝る時お休みといふ直ぐ後から『これは人に言ふ事でしょう。』とさも不思議そうに申ますのです。(中略)自分が今から休みますといふ報告であると解釈したらしく『お』の接頭語用法を略理解しかゝった彼女は、己れの事に『お』を附して言ふは訝かしと思ふたと見えます。六歳の女児の理屈としては私も一寸説明に困りましたのでしたが、大人でも平常無意識に取行って居る因襲や言語に注意すれば、恁うした類の事は幾何も有る事を可笑しく思ひました。

末摘花『ともづな――船員の妻の手紙日記1916「子供の礼節」 p.42

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110301

2011-02-23

[]【お疲れ様】 【お疲れ様】 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【お疲れ様】 - 国語史資料の連関 【お疲れ様】 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

「おつかれさま」にいたっては多彩な変化を見せてくれます。「おつかれさん」「おつかれ」「おつかれでした」「でした」と何通りもあります。

 もし、あなたが「おつかれさま」ときちんと挨拶したのに相手が顔も向けずに「でした」と軽く答えたとしたら、兵隊の位にして新兵と佐官クラスの差があることを認識すべきです。

とりあえず!?

とりあえず!?

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110223

2011-02-22

[][]【お疲れ様】リポビタンD 【お疲れ様】リポビタンD - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【お疲れ様】リポビタンD - 国語史資料の連関 【お疲れ様】リポビタンD - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

「お疲れ」は、中村メイコの『メイコめい伝』に、「仕事が終ると『おつかれさまア』と互いにねぎらいつつ仕事場を去るのが、もう何十年も昔からのキマリになっています」と書かれているように、芸能人のあいだでは早くから、階級抜きの挨拶ことばとして好んで使われていたのである。

 これが昭和四十年ごろになって、巨人の王選手が清涼剤『リポビタンD』のCMで、「おつかれっさん!」とやったころから一般にも伝播して、挨拶ことばとして広く使われるようになった。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110222

2011-02-21

[]【お疲れ様】【御苦労様】長谷川幸延[[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

円朝が高座をすませて下りた楽屋に、松林伯円が、少し暗い顔で坐っていた。

 しかし、僧門ともあろう者が、そんな顔を見せはしない。高座から下りて来た円朝を見ると、とっさにサッと明るい表情に変った。高座のイキだ。伯円にとってたいして難かしい芸ではない。

「お目出度う」

 いつもなら「御苦労さま」「お疲れさま」というべきところを、円朝にとっての新出発だから、伯円は、お目出度うといって、ニッコリ笑った。が、ふっとそれが今夜の円朝にとっては、皮肉に感じとられはしないかという気がしたのだ。

長谷川幸延「新しき道」?(『寄席行燈』下)p.12

VickyVicky2015/08/28 14:12You're a real deep thekinr. Thanks for sharing.

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110221