国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2013-01-20

[]明治27年明治23年の「国語明治27年明治23年の「国語」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明治27年明治23年の「国語」 - 国語史資料の連関 明治27年明治23年の「国語」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

余は其学術に就きて一に国語の拡張せざる可からざるを見る。抑も其国固有の学は一国の独立を助くるに極めて必要なる者なり。故に一国の人民にして若し其国固有の学術の何物たるを辨ぜず却て他国の学にのみ沈酔するときは、一国独立の対面に大なる影響を及ぼすものなり。彼欧米諸国の大学より小学に及ぶまで一として其国固有の学術を以て基本となさゞるなきは蓋し之が為めなり。然り而して翻りて我国の教育社会を観察するに僅に二三の学校を除くの外は別に国語を課するを見ず。是何事ぞ。嗚呼苟も日本国民にして愛国の志ある者、豈に国語を学ばずして可ならんや。

(原文カタカナ)

国語論 千葉県安房国安房郡 今関虎之助

『学生筆戦場』4-3(明治27.2) p.50


忠告

今関虎之助君に質す 安房 延田谷史

(略)是乃ち先年当館発行の日本之少年第二卷第二号群芳集華欄六十九頁より七十頁に亙る東京芝伊藤良太郎氏の国語宜しく拡張す可きの説を焼直し本誌に投し以て我等を瞞着せんとしたるものなり。以後は如斯焼直にあらざる文を投して以て前恥を雪がれよ

『日本之少年』2-2は、明治23年

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130120

2012-05-05

[]「日本人が昔から漢字漢文を學ぶに力を費したことが、學問的能力の發逹を妨げた、と考へるやうになつた」(津田左右吉「自叙伝」「日本人が昔から漢字や漢文を學ぶに力を費したことが、學問的能力の發逹を妨げた、と考へるやうになつた」([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「日本人が昔から漢字や漢文を學ぶに力を費したことが、學問的能力の發逹を妨げた、と考へるやうになつた」([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 「日本人が昔から漢字や漢文を學ぶに力を費したことが、學問的能力の發逹を妨げた、と考へるやうになつた」([[津田左右吉「自叙伝」]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 かういふ學校で學んだのであるから、讀書力は養はれた。そのころの教科書は、いはゆる漢文書きくだし風のかたくるしい文章で書かれ、漢字が多く使つてあつたが、それを讀むことをむつかしいとは思はず、作文にもさういふ文體を用ゐた。漢文も讀んだが、そのうちでおもしろかつたのは『日本外史』であつて、これは、どれだけの時間がかゝつたか忘れたが、全部讀みとほしたらしい。わたくしの學校のたつた一人の訓導であつたモリ(森)先生といふのは、師範學校出身であつたけれども、もともと儒者としての修業をしたかたであつたことが、かうして漢文を學ぶには都合がよかつたのである。それにこの先生は、日本のこともよく知つてゐられたらしく、『日本外史』に出て來る人たちの傳記逸話や、その記事に關係のある詩や歌などをいろ/\教へて下され、時には人物の批評などもせられたので、この本を讀むことのおもしろみがそのために特に深かつたやうに、後からは考へられた。わたくしは學校の課業の外に、この先生について、いくらかの漢籍を學んでゐたから、漢文に親しみをもつてはゐたが、さういふことが無くても、『日本外史』はおもしろかつたらうと思ふ。

 かういふ風に漢文を讀むのは好きであつたが、漢文を作らうとはせず、さういふことを教へられもしなかつた。たしか「詩語碎金」といふ名であつたかと思ふが、詩に使ふことばを集めた本を、或る時、モリ先生がわたくしに下され、もう少したつたら詩を作ることを教へようといはれたことがあるが、その時が來ないうちにわたくしは學校を卒業してしまつた。たゞ、漢文でもなく詩ではもとよりないが、知つてゐる詩や漢文の句を用ゐたり幾らか作りかへたりして、上にいつたやうな文體作文のけいこをしたやうに思ふ。

 かういふことをおもしろがつてゐたのであるから、あたまの使ひかたがかたよつて、ほかの學課の妨げになつたのではないかと、思はれもするが、必ずしもさうではなかつたやうである。算術は好きであつたので、いろいろの例題を集めた本が家にあつたのをとり出して、ひとりでそれを練習したことが思ひ出される。またもし自然科學に關することを何ほどか學んだならば、それが好きになつてゐたらうかどうだらうかと思ふが、さういふ方面のことは、前にいつたやうに學校でさして教へられもしなかつたから、これについては、何ともいはれぬ。ただ、漢文を讀んだことが後になつて自然科學の學問のしかたを理解するじやまにならなかつたことだけは、たしかである。かういふことをいふのは、ずつと後になつて、日本人が昔から漢字漢文を學ぶに力を費したことが、學問的能力の發逹を妨げた、と考へるやうになつたからのことである。このことについてはいろ/\の點から考へねばならぬので、こゝではいはないことにする。ついでに思ひ出したから書きそへる。中學時代に友人たちと同人雑誌を作つたことがあるが、その時に「漢學の必要を論ず」といふことを書いたおぼえがある。これがわたくしの文章活字になつたそも/\の始めであるが、しかし實をいふと、小學校を卒業してからは、却つて漢文書物はあまり讀まないやうになつてゐた。


津田左右吉「自叙伝」明治十年代の田舍の小學校」『全集』24 pp.80-82

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120505

2011-02-25

[]速記術ではなく日本国語が不完全(三宅正太郎速記術ではなく日本の国語が不完全(三宅正太郎) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 速記術ではなく日本の国語が不完全(三宅正太郎) - 国語史資料の連関 速記術ではなく日本の国語が不完全(三宅正太郎) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 わたしは、東京地方裁判所の所長をしてゐたとき、裁判所の書記速記をならはせようとかんがへた。(中略)日本速記術は、それを完全に自分のものにするまでに、少くとも五六年のケイコがいるのださうである。ヨーロッパでは、いやしくもタイピストである以上、速記をしってゐるのがあたりまへとなってゐるくらゐだから、おそらく、その速記術は一二年もケイコすれば一人まへになれるのだとおもはれる。(中略)速記の専門家にきいてみると、日本速記のならひにくいのは、速記の術がめんだうなためではなく、そのもとは、日本国語が不完全であるためださうである。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110225

2010-01-13

[]小説はみんな時代語になつた(石川啄木小説はみんな時代語になつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小説はみんな時代語になつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 小説はみんな時代語になつた(石川啄木) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

B 君はさうすつと歌は永久に滅びないと云ふのか。

A おれは永久といふ言葉は嫌ひだ。

B 永久でなくても可い。兎に角まだまだ歌は長生《ながいき》すると思ふのか。

A 長生はする。昔から人生五十といふが、それでも八十位まで生きる人は沢山《たくさん》ある。それと同じ程度の長生はする。しかし死ぬ。

B 何日になつたら八十になるだらう。

A 日本国語が統一される時さ。

B もう大分統一されかかつてゐるぜ。小説はみんな時代語になつた。小学校教科書と詩も半分はなつて来た。新聞にだつて三分の一は時代語で書いてある。先を越してローマ字を使ふ人さへある。

A それだけ混乱してゐたら沢山ぢやないか。

B うむ。さうすつとまだまだか。

A まだまだ。日本は今三分の一まで来たところだよ。何もかも三分の一だ。所謂《いはゆる》古い言葉と今の口語と比べて見ても解る。正確に違つて来たのは、「なり」「なりけり」と「だ」「である」だけだ。それもまだまだ文章の上では併用されてゐる。音文字《おんもじ》が採用されて、それで現すに不便な言葉がみんな淘汰《たうた》される時が来なくちや歌は死なない。

B 気長い事を言ふなあ。君は元来|性急《せつかち》な男だつたがなあ。

A あまり性急だつたお蔭で気長になつたのだ。

B 悟つたね。

A 絶望したのだ。

B しかし兎に角今.の我々の言葉が五とか七とかいふ調子を失つてるのは事実ぢやないか。

A「いかにさびしき夜なるぞや。」「なんてさびしい晩だらう。」どつちも七五調ぢやないか。

B それは極めて稀な例だ。

A 昔の人は五七調七五調でばかり物を言つてゐたと思ふのか。莫迦《ばか》。

B これでも賢いぜ。

A とはいふものの、五と七がだんだん乱れて来てるのは事実だね。五が六に延び、七が八に延びてゐる。そんならそれで歌にも字あまりを使へば済むことだ。自分が今迄勝手に古い言葉を使つて来てゐて、今になつて不便だもないぢやないか。成るべく現代の言葉に近い言葉を使つて、それで三十一字に纏《まとま》りかねたら字あまりにするさ。それで出来なけれあ言葉や形が古いんでなくつて頭が古いんだ。

石川啄木「一利己主義者と友人との対話」

言及

土岐善麿「短歌と国語」土岐善麿『歌・ことば』

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100113

2004-07-01

[]前島密漢字御廃止之議前島密「漢字御廃止之議」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 前島密「漢字御廃止之議」 - 国語史資料の連関 前島密「漢字御廃止之議」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

「漢字御廃止之儀」ローマ字文庫)

「漢字御廃止之儀」(梅雨空文庫)


参考文献

「國家の大本は~御廢止相成候樣にと奉存候」「教育漢字を用ひるときは~稀少の割合に相成候」「世界無量の事物を解釋書寫するに何の故障も之れ無く誠に簡易を極むべき」「實に痛歎の至に御座候」「今日本に來りてみるに~麻痺せるなり」「文典を制し辭書を編し句法語格接文の則」

 国家の大本は国民の教育にして、其教育は士民を論ぜず国民に普からしめ、之を普ねからしめんには成る可く簡易なる文字文章を用ひざる可らず、其深邃高尚なる百科の学に於けるも、其文字を知り得て其事を知る如き難渋迂遠なる教授法を取らず、渾て学とは其事理を解和するに在りとせざる可らずと奉存候。

[……]

 国文を定め文典を制するに於ても、必ず古文に復し「ハペル」「ケル」「カナ」を用ふる儀には無御座、今日普通の「ツカマツル」「ゴザル」の言語を用ひ、之に一定の法則を置くとの謂に御座候。言語時代に就て変転するは中外皆然るかと奉存候。但、口舌にすれば談話となり、筆書にすれば文章となり、口談筆記の両般の趣を異にせざる様には仕度事に奉存候。

 国家の大体は国民の教育にして、其教育は士民を論ぜず国民に普からしめ、之を普ねからしめんには成る可く簡易なる文字文章を用ひざる可らず、其深邃高尚なる百科の学に於けるも、其文字を知り得て後に其事を知る如き難渋迂遠なる教授法を取らず、渾て学とは其事理を解和するに在りとせざる可らずと奉存候

[……]

 国文を定め文典を制するに於ても、必ず古文に復し「ハペル」「ケルカナ」を用ふる儀には無御座、今日普通の「ツカマツル」「ゴザル」の言語を用ひ、之に一定の法則を置くとの謂ひに御座候、言語時代に就て変転するは中外皆然るかと奉存候、但口舌にすれば談話となり、筆書にすれば文章となり、口談筆記の両般の趣を異にせざる様には仕度事に奉存候

p.102

新撰国語漢語西洋語ヲ論セズ、之ヲ容納シ、文章ハ古雅ヲ主トセズ、近体ノ俗文ヲ主トス

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20040701