国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-01-05

[]女の名前の始(日置昌一『話の大事典』女の名前の始(日置昌一『話の大事典』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 女の名前の始(日置昌一『話の大事典』) - 国語史資料の連関 女の名前の始(日置昌一『話の大事典』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 古くは比賣《ひめ》、郎女《いらつめ》、媛《ひめ》、度賣《とめ》、刀自《とじ》などの文字を用い、子という字をつけるようになったのは奈良朝の頃からである。貞丈雑記に「女の名に子の字を付ること上代よりの事なり、日本紀欽明天皇紀に云ふ、遣2青海夫勾子1、又云ふ、春日日孤臣女曰2糠子1と見へたり、女に子の字を付る事の始なるべし」と見え、ついで平安朝時代には父兄や夫の官名をもつて呼ばれることが流行した。即ち傍廂に「すべて女のよび名は、さらぬもあれど、大かたは父か夫かの官名をよばるるが多し、小兒もしりたる百人一首の中なる女のよび名は、伊勢伊勢守繼蔭の女なり、右近は右近の少將季縄の女なり、和泉は和泉守道貞の妻なり、大貳三位は太宰大貳成章の妻なり、赤染右衛門は赤染時用の女なり、小式部内侍和泉式部の女なり、伊勢大輔伊勢祭主輔黙親の女なり、清少納言は清原元輔の女なり、相模は相模守公資の妻なり、周防内侍は周防守繼伸の女なり、紀伊は紀伊守重經の妹なり」と記している。また女の名におの字を冠すること、たとえば「おまさ」または「おかね」などというは太平記に「高師秋が菊亭殿《きくていどの》に在《あり》し阿才《おさい》といふ女を奪った」とあるのが史に見えた始めである。

 腹のたつ裾へかけるも女房也(明和)

 うたたねに夫思ひをすそへかけ(天明)

話の大事典 (1983年)

話の大事典 (1983年)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110105

2010-02-26

[]人名反切卯花園漫録人名反切(卯花園漫録) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人名反切(卯花園漫録) - 国語史資料の連関 人名反切(卯花園漫録) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○名乘を反すといふ事、何者のしはじめたる事なる。今の世には、王公大人の定れる法のやうになれるは、上を學べぱなり。詞花集の頃よりと聞ゆ。異國に齊の明帝、ことの外に物をいまふ性にて、人の名を反したる事あり。それは唐音にて、ひゞきのかよへるをにくめぱ、さもあるべし。此國にては、和訓にて讀なれば、かゝるさまたげもなし。唯占術の二つになりて、人のまどへるなり。韻鏡といふものは唐音を正すべきために作れる事なるを、うらかたの書のやうに覺ゆるは、愚かなる事の至れるなり。韻鏡に載たる字は、一音なる字多き中にて、近く聞馴たる字を、一つ出せる事なれば、其字の義にてのみ、吉凶を定むべきやうなし。一音の字多き内には、あしき義の字もあるべけれども、とにかくに書面に見えたる字の義をのみとれるは、易の象などのやうに心得たるにや。此故に今の世には、とほり字の同じくて、うまれししやうの同じき人は、皆同じ名乘なり。名乘のおこなはれぬ世なればこそ、かくにてもまがひもなけれど、昔のごとく姓と名乘にて世におこなはゞ、一萬の人のあつまりたる都にては、同名の人の四百も五百もあるべきなり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100226

2009-01-31

[][]「覺えられない字」(志賀直哉武者小路實篤書簡「覺えられない字」(志賀直哉・武者小路實篤宛書簡) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「覺えられない字」(志賀直哉・武者小路實篤宛書簡) - 国語史資料の連関 「覺えられない字」(志賀直哉・武者小路實篤宛書簡) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

赤兒の名は父の考へで壽〻子といふ名にした、壽の字は昔からどうしても覺えられない字だがやつと一つだけ覺えた

志賀直哉全集第12巻ASIN:B000J99JMM

一八〇

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090131

2008-04-04

[]読めない字の本名(宮武外骨読めない字の本名(宮武外骨) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読めない字の本名(宮武外骨) - 国語史資料の連関 読めない字の本名(宮武外骨) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

昔は深見重左衛門貞国とか、荻生総右衛門茂卿とかいうごとく、俗称と通名の二つがあり、町人百姓にも通称と公儀名の二つがあったが、明治初年に戸籍法が改まって、本名一つを届け出させることになり、伊藤俊介が博文と称し、大隈八太郎が重信と改めるなど、太郎、吉祥、平蔵、衛門は卑俗なりとして、昔、諱《いみな》とか字《あざな》とか言ったような名乗りにすることが、当時の知識階級に行われたのである。ところがだんだん嵩《こう》じて、井上頼國と書いては人々が読みやすいとて國《くに》の字を圀の字に書き、小杉榲村とか久保田米〓というごとき普通の字でないものを名乗りにする者もあり、果ては康煕字典玉篇などから、人々の、読めない字を撰《よ》り出し、それを我が子の名に付けて、お父さんは学者であったらしいと、後の人にも評されようというつもりで、普通の字引にも活字にもない難字を用いることがはやり、それが明治三十年前後には最もはなはだしく行われた。

「アナタのお名前は何とよみますか」と訊かれて、「アキラといいます」とか「ユタカとよみます」とか答えて、本人までがチョット反身《そりみ》になるのもあり、近頃は恥入りの態度で時代錯誤の名を付けてくれた親を恨むような者もある。

 上記の読みにくい字の表は、最近の『職員録』中に見えた判任官の本名を抜記したのが多い。

宮武外骨『明治奇聞』

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20080404

2007-06-14

[][]「諱字の説」(菅茶山) 「諱字の説」([[菅茶山]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「諱字の説」([[菅茶山]]) - 国語史資料の連関 「諱字の説」([[菅茶山]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

一 諱字《いみな》の説 諱《いみな》に木火土金水を次第してつくること、いつの頃に始りしか宋人ことに多し。張|浚《しゆん》の子名は拭《しよく》、朱子の父は松、子は塾《じゆく》、在後に俊《しゆん》あり、その子|余多《あまた》ありけれども記《き》せず、明《みん》の天子或は朱子の遠孫なりとて、代々の諱これに従がはれしといふ、これ王相の説にとるにはあらざることしるし。世遠くなり扁傍《へんつくり》によりて、誰はたれの兄弟何某は何某の子孫などいふをしるに便りあり、排行《はいぎやう》の称呼すたれし後はこれ亦|益《えき》あり。吾邦近世は、俗薄くして兄弟といへども、貧なれば歯《よはひ》せられざる者あるにいたる、五行を必とせず、一門はよくそれとしれる称を用ひて、やゝ流弊をたむるにたよりすべきにこそ。

隨筆大成1-1

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070614