国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-04-26

[]「Hの言葉は私がつくった」 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

この変態性、変質者にかわるスマートな言葉がないだろうか? 等話しあっていた時、私がそうだ変質者、変態性の頭文字ローマ字の「H」だ、今後は代名詞としてHと呼ぼうと提案した。石川君他クラスメートが素晴しいと賛同した。早速担任の木梨進先生にお話しすると「バッカー」と怒鳴られたが、すぐ「にっこり」と面白いなあ(中略)大木忠美校長先生にお話しすると、それは仲々いい言葉だね(中略)この賛同に調子づいた私はそのPR作戦を考えた。

 HのPRは手分けして実行する事となった。まず身近からという事で(中略)、旧制の岩佐高等女学校(現立正学園)[…]親類の女生徒に顔を赤らめながらHの話しをすると、それはいいねH 友達に伝えるわよと云って呉れた。[…]「ウテナ化粧品会社」があり[…]その知人に話し忽ち成功した。[…]私も府立旧制中学校を経て、昭和二十年四月米軍機の空襲の中、高工そして昭和二十六年三月旧制大学を卒業した。その間「H」の言葉をPRすると既に知っている人もいたのに驚いた。

下山照夫『東京方言録』

昭和14年頃

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110426

2007-10-05

[]「PR映画」(望月衛) 「PR映画」(望月衛) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「PR映画」(望月衛) - 国語史資料の連関 「PR映画」(望月衛) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

鶴見俊輔対談『語りつぐ戦後史(上)』講談社文庫

望月 [...]私は映画のセールスマンをやってたんですよ。

 PR映画ということばは、私がはじめて作ったんです。それでね、PR映画というのを作りなさい、これは宣伝映画とちがいます、といっていろんな企業にいったんです。

わたしが作った

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071005

1999-12-10

[][]手塚治虫「シーン」 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 手塚治虫「シーン」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


手塚治虫マンガの描き方』光文社(カッパホームス)1977.5.30

音ひとつしない場面に「シーン」と書くのは、じつはなにをかくそうぼくが始めたものだ。(112頁)

わたしが作ったから転載



【コメント】

この証言から、「シーン」という言葉自体を手塚によるものとするものを見たことがあるが、それは誤り。


出典を示して言及】

小松正史、吉村和真「マンガに見る聴覚情報の視覚的記録

http://ci.nii.ac.jp/naid/40006139854/

http://www.nekomatsu.net/results/paper_pdf/komatsu_kiyou04_paper.pdf


出典は示さず】

全く音のしない、しずまりかえった場面を表すのに「シーン」という文字を使って”音のない音”を作り出したのは手塚治虫だそうだ。

石子順『新マンガ学』毎日新聞社(1978.4.5)p124


http://www.zetubou.com/nikki/2006/11/28/176.htm

kuzankuzan2008/04/14 11:13http://tisen.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_e6ee.html

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/19991210