国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-04-19

[]血 血 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 血 - 国語史資料の連関 血 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

血屬 一門

血親

血叔

血泊裡 ちみどろの中から

血淋々 ちみどろ

血性 をとこぎ

血光災 劍難がある

血口子 金瓶梅 尖指甲〓すること 兩道~~~」血の出るほどつめる

血海 ~~也似干保命 いのちがけのかかりあひ

血路 殺開條~~ 命かけの道を切ひらいた

長沢本『俗語解』(唐話辞書類集10。367-368)


血 雜俎に きりんけつ

血戚 類書纂要に しんるい

血親 同上

血屬 昨夢録に同上

血餘 本草 髪也

血路 韓文に ちのあと

血蹤 剪燈新話 同上

血迷 儒文事親 めまひ

血印 打れたあとのちばしること

血漕 武備志に刀のひ

血本 身の油を出しもふけたるもとでなり

血海也似干係 大いなるかかりあひと云こと

血師 名医別録に赭石也

杜杠字彙』(唐話辞書類集9。p.112)


血屬 一門なり

血親 ちすぢ

血性 をとこぎ ○侠客のこと

血路 敵の圍みをきりぬけること 殺開條血路とは命がけにて道を切りひらきしこと

血印 打れたあとの血ばしること

血本 身の油を出して、もふけたるもとで

血泊裡 ちみどろのうち

血淋々 ちみどろ

血光災 劍難がある

血口子 血の出るほどつめる

血海也似干係 命がけのかかりあひ

支那小説辞彙 巻之上四十二丁

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090419

2009-04-18

[]「漢語通」(安愚楽鍋「漢語通」(安愚楽鍋) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「漢語通」(安愚楽鍋) - 国語史資料の連関 「漢語通」(安愚楽鍋) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

おたげへに漢語通に因循家だとか、旧弊家だとかいはれるのだから、大きにりうかうにおくれてきやしたが、にはかにざんぎりにもなられず、洋ふくのさんだんもできねへから、半髪あたまをたゝかれてゐるのだが、じつにわうらいをあるくにもかた身がせめへやうだヨ

槌田満文(1983)『明治大正の新語・流行語』p.29

お互いに漢語通に因循家だとか、旧弊家だとか言われるのだから、大きに流行に遅れて来やしたが、俄にザンギリにもなられず、洋服の算段も出来ねえから、半髪頭を叩かれているのだが、実に往来を歩くにも肩身が狭えようだヨ

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090418

2009-04-10

[][]このごろの無学な連中は無茶な言葉を作りよる。【惜敗】 このごろの無学な連中は無茶な言葉を作りよる。【惜敗】 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - このごろの無学な連中は無茶な言葉を作りよる。【惜敗】 - 国語史資料の連関 このごろの無学な連中は無茶な言葉を作りよる。【惜敗】 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

漢学者だった私の父*1は、生前この「惜敗」という言葉を見かけるたびに、

「敗ケヲ惜シムとは一体何んのことや。このごろの無学な連中は無茶な言葉を作りよる」

 と苦笑いしていたが、

藤沢桓夫大阪自叙伝』中公文庫 p85

投書】の語感についても触れる。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090410

2009-04-04

[]保昌、和歌漢語 保昌、和歌に漢語 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 保昌、和歌に漢語 - 国語史資料の連関 保昌、和歌に漢語 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

藤原保昌、歌をうらやみて、

  早朝におきてぞ見つる梅花を夜陰大風不審不審よ

とよみたりける。和泉式部ききて、歌詞にはかくこそよめとて、

  朝まだきおきてぞ見つる梅の花夜のまの風のうしろめたさに

とやはらげたりける。同じ心とも覚えずおもしろく聞ゆる。

野守鏡

永野賢日本語個人差『講座日本語3日本語の種々相』p.74

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090404

2009-03-23

[][]農夫・少年男女 農夫・少年男女 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 農夫・少年男女 - 国語史資料の連関 農夫・少年男女 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

譯文は文壇に老いたる不知庵の筆としては熟せりといふべからず。彫刻師の父なる農夫の詞に、ござりましねえといふ如き訛を用ゐながら、少年男女の對話抔には、片假名まじりの論文を讀む如き口調あり。生硬なる漢語の少くなりしやう見受けらるゝは好し。

鴎外全集24 p285「雲中語」

彫像師(内田不知庵訳)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090323