国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-29

[]東雅総論(28) 東雅総論(28) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(28) - 国語史資料の連関 東雅総論(28) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

其余の音の如きも。亦これに同じ。また此間の語ひとり漢字の音の転ぜしのみにもあらず。韓地の方言の転ぜしも少なからず。たとへば太古の時よりいひ嗣て。海を呼びては。アマといひしを。また韓地の方言によりて。ワタともいひけり。日本紀の釈訓に。海を読てホタイといふ事の見えし即此なり。猶今も朝鮮東南の俗。海を呼てパタイといふなり。今によりて古を推すに。日本紀釈訓にホタイと見えしは。或はポタイ或はまた禾タイの字訛りて。ホタイとなりしも知るべからず。ポといひパといふ音の如きは。此国になき所なりければ。其音転じてワタとならざる事を得ず。是れみな其音を転じて。呼びしにはあらねど。其音の自ら転じたりけるなり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020729

2002-07-28

[]東雅総論(27) 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

旧説に漢字の音を転じて。和訓となせしありといふ事あり。似たる事は似たれど。其義を尽せりとも思はれず。漢字の音を用ひて。其音の転じぬと見えし類は。彼音を転じて。此語となすに意ありしにはあらず。前にもしるせし事の如く。五方の言の中。我国ほど其声音少なきはあらず。漢字の音の如き。我国になき所のものは。其音自ら転ぜざることを得ず。たとへば呉をよびてクレといひ。漢を呼びてアヤといふが如き。呉《ヴー》の字。訛胡切角次濁音をもてよぶベけれど。夫等の音は。我国のなき所なれば。呼得る事のかなはずして。すなはち転じてクレとなりし也。また。漢《ハアヌ》の字。虞汗切羽次清音をもて呼ぶべけれど。これも我国になき音なりしかば。呼得る事かなはずして。すなはち転じてアナとなりアナ又転じてアヤとなりし也。漢をよびてアナといひ。またアヤといひし事。日本紀にみえたり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020728

2002-07-27

[]東雅総論(26) 東雅総論(26) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(26) - 国語史資料の連関 東雅総論(26) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

それが中また彼字を読て。此事此物どなせしに。其古訓近訓同じからざるも少なからず。たとへば旧事紀に〓読でシギとなされて。日本紀又これによらる。倭名鈔には又読てシギとなレ。また楊氏漢語抄を引て。田鳥の字読む事亦同じ。日本紀に朴読てエとなされ。倭名鈔には榎読てエとなすが如き。旧事紀日本紀にみえし所は。其義自ら相合へり。倭名鈔に見えし所は本拠不v詳。されど後の人。並に倭名鈔に見えし所によりて。旧事紀日本紀にみえし所をば用ひず。遂にまた田に従ひ鳥に従ひし字を創造りて。シギとなすに至れり。是等の類は本朝の国史により従ひて。後の訛を承くべき事とも思はれず。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020727

2002-07-26

[]東雅総論(25) 東雅総論(25) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(25) - 国語史資料の連関 東雅総論(25) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

たとへば鋺の字の如き。〓ノ字の俗。〓音豌削也といふ也。此間には金椀となして。読てカナマリといふ。其字の金に従ひ。椀の省に従ひぬるを取るなり。梶の字の如き樹杪也といふなり。此には船柁となして読てカヂといふ。其字の木に従ひ。尾に従ふを取るなり。凡これらの類。此間にして彼字を用ゆる。別に其義のあるなり。もし皆我国の訛謬也といはんには。春秋の三伝に見えし。斉魯の語の同じからぬ。爾雅方言等の書に。四方の異言見えしごとき。彼もし正ならんには。此は謬れるにて。此もし正ならんには。彼は謬れるなるぺし。されどその彼此相同じからぬによりてこそ。異言を通じ。方言を記するの書はあるなれ。しかるを世の人。彼によりて此を非とし。概して乖異訛謬也といふが如きは。通達の論にはあらず。或はまた飲食薬物の類は。彼此相謂ふ所の同じからざる。若し其名を正し。其物を弁ずる事。なからましかば。世の憂を貽す事少なからずともいふべけれど。これも亦しからず。我いふ所の如きは。彼と此との方言あるをいふなり。もし能其方言に相通じて。其物の如き此にしていかにいふを。彼にしてはいかにいふと。云ふ事の疑ふべき事なからむには。なにの憂を貽す事や有ぺき。爾雅の書の如きは。上は天地より始て。下は蟲魚の微なるに至るまで。悉く皆古今四方のいふ所を釈せられけり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020726

2002-07-25

[]東雅総論(24) 東雅総論(24) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(24) - 国語史資料の連関 東雅総論(24) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

漢字を取用ひられし後に。彼字を読て此間にいふ所の。いづれの事なり。いづれの物なりとなせし。彼と此との義自ら合ひぬるは。論ずるに及ぱず。或は彼字と此間にいふ所との相合はざるも少なからず。凡これらの類世の人概して乖誤也といふなり。是また不通の論とこそ云べけれ。むかし孔子の春秋を伝へし三家の書を見るに。其しるせし所。おの/\其方語ありと見えたり。爾雅。方言等の書に見えし所も。また古今四方の言相同じからず。さらば此間にして彼字を用ゆるに。其義異なるあるも。またこれすなはち此間の方言にこそあるなれ。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020725